【防犯&体調管理】インド旅行を安心安全に楽しむ7つの奥義

タージマハルと私
道路のど真ん中に牛。さすがインド!これぞインド!な風景です。

道路のど真ん中に牛。さすがインド!これぞインド!な風景です。

皆さんナマステー!美味しいカレーと奔放な国民性(?)に魅了され、かれこれインドを6回も訪れている中毒者…いえいえインド愛好家の中村です。日頃からインドの魅力を広めたくて仕方ない私は、人に会う度「インドは良い所だよ!行ってみない?」と布教しています(←迷惑)。しかし返ってくるのは「危なそう」「衛生的に心配」といったネガティブな声ばかり。…これは由々しき事態です。なんとしても皆さんの不安を払拭し、一人でも多くの方に「インド、行ってみようかな」という気持ちになって頂きたい!そこで今回はインドを安心安全に楽しむ7つの奥義をお届けします。

【移動】流しのタクシー要注意!事前手配でぬかりなく

デリーの空港を出た瞬間「タクシィ!」「タクシィ!」と呼び込みの声。

デリーの空港を出た瞬間「タクシィ!」「タクシィ!」と呼び込みの声。

インド旅行の最初の難関。それは空港からホテルへ向かう、その移動です。
インドに到着し、ひとたび空港の外に出れば、何十人ものタクシーの運転手たちが我先にと「タクシィ、タクシィッ?」「ヘイ、マダ~ム!」、様々な誘い文句で私たち旅人に声をかけてきます。
さて。そんなタクシー運転手たち、善人ばかりではありません。とんでもない高額を請求してくるケースや、頼んでもいないのに土産店に勝手に寄り道&セールスしてくるケースも。

タクシーって密室だから怖いんですよね。かといって、これに乗る勇気も無い…

タクシーって密室だから怖いんですよね。かといって、これに乗る勇気も無い…

そこで、安全にホテルまで辿り着くためには【予め送迎を頼んでおく】ことがマストです!インターネットを通して個人でホテルを予約した人は、ホテルに直接メールして送迎手配の交渉を。英文メールのやりとりに自信がない人は、はじめから日本の旅行会社で送迎付きインドツアーを予約するのがベターでしょう。

【対人】その親切、ホンモノ?一度は疑うクセつけて

「ワタシ、日本ニ友達イマス!」優しい声掛けは嬉しいけれど…?!

「ワタシ、日本ニ友達イマス!」優しい声掛けは嬉しいけれど…?!

インドを旅していると、フレンドリーなインド人から声をかけられることがよくあります。異国の地で優しくされたら嬉しくなってしまうのが旅人の性ではありますが…相手がどんなに良い人そうに見えても【絶対に一度は疑いましょう】。なぜなら、その親切の先に危険な事が待っているかもしれないから。
実際、私の友人(20代男性・日本人)は、知り合ったばかりのインド人に飲み物を勧められ、気をよくして飲んだばかりにそのまま深い眠りへ。きっと睡眠薬が入っていたのでしょう。眠りこけている間にクレジットカードを抜き取られていた、という悲惨な経験をしています。

しっかり距離を保ってくれる人には良い人が多い気がする(筆者調べ)

しっかり距離を保ってくれる人には良い人が多い気がする(筆者調べ)

ところで、もちろんインドには心から親切な人もたくさんいます。見極めが難しいけれど、本当に優しいインド人と出逢ったあかつきには、きっと「またインドに来たい!」と思える大満足の旅になることでしょう。

【胃腸】避けるが吉。水と氷はデンジャラス

照り付ける日差し。流れる汗。欲しくなるのは冷たいドリンク!

照り付ける日差し。流れる汗。欲しくなるのは冷たいドリンク!

人口増加と急速な都市化に対して下水処理が間に合わず、未処理の汚水が生活用水に流れ込む。これがインドの水質汚染の現状です。
普段何の疑問もなく蛇口から出る水を飲んでいる私たち日本人は、特に注意が必要です。その感覚のままインドにいくと痛い目に遭います。…ストレートに言ってしまえば、下痢になります。

「NO  ICE!」と言う勇気。これでしっかりリスク回避。

「NO ICE!」と言う勇気。これでしっかりリスク回避。

【水道水】さえ飲まないようにすればいいんでしょ?とお考えのあなた。水道水だけではありません。美味しいジュースにぷかんと浮かぶ、その【氷】。それも結局は水道水から作られています。そのため、インドで冷たいドリンクを飲むときは「No Ice!(氷抜きで)」の一言が大事。あと、【シャワーの水】もうっかり鼻や口から飲み込まないように注意して。しっかりリスクを回避して万全の胃腸で最後まで旅を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました