【こんな国あります!!世界の秘境】パキスタン観光ガイド

ハセガワメモリアルスクールの子供たち
美しいフンザ谷を望む

美しいフンザ谷を望む

パキスタンで一番好きな場所は?そう訊かれたら私はフンザの山の見えるホテルの屋上と答えます。ベストシーズンの8月の早朝、フンザダルバールホテルの屋上テラスで、青空の下で7000メートル級の山々の360度大パノラマに囲まれて香り高いチャイを飲んだ時。ハイキングに出かけて美しい氷河を眺めつつ山道を歩きながら、たわわに実る甘酸っぱい杏子の実を取って食べたこと。目をキラキラさせながら集まって来た可愛い地元の子供たちとのふれあい。すべてが夢の中の出来事のように幸せな思い出なのです。フンザは私にとって世界でここにしかない桃源郷でした。
パキスタンという国のイメージを覆すようなこうした大自然の魅力がある一方で、たくさんの歴史や文明を持ち世界遺産の遺跡も存在する国。私が大好きな不思議な秘境の国パキスタンのことを少しでも知ってほしいと、今回ご紹介することにしました。

パキスタンってどんな国?

バドシャヒモスク<ラホール>

バドシャヒモスク<ラホール>

パキスタンという国にあなたが抱くイメージはどんなものでしょうか?もちろん貧しい、イスラム教徒で濃い顔立ちの人々が暮らす怖そうな国?
いえいえ、実際にこの国を知れば、全くそれは偏見だったとわかるはずです。この国の歴史を紐解けば、かなり古い立派な歴史を持つ国だとわかります。世界4大文明のひとつインダス文明の栄えたモヘンジョダロ遺跡に始まり、タキシラ遺跡にみるガンダーラ美術、数々の仏教遺跡など世界遺産に指定された見どころも多くあります。混沌とした街で暮らす人々も、皆意外に親切で素朴で、ちょっとお人好しだったりします。

タキシラで出会ったド派手な乗り合いバス

タキシラで出会ったド派手な乗り合いバス

そして北部へ行けば、中国との国境から続くカラコルムハイウェイがあり、桃源郷フンザのある山岳エリアも魅力的です。かつては世界3大長寿村に数えられたほど、良い空気と清らかな雪解け水があり、人が長生きできるストレスのない昔ながらの暮らしがありました。今では登山やトレッキングに訪れる外国人も増えています。簡単なハイキングをするだけでも、大自然の素晴らしさに触れることができるお薦めのスポットです。
またパキスタンを観光していて驚かされるのは、きらびやかな装飾のトラックです。山深い辺境の地でド派手なトラックに出会うとびっくりします。記念写真を頼むと、ドライバーさんは皆喜んで応じてくれることでしょう。

一生に一度は行きたい桃源郷フンザ

朝日があたったラカポシ<カリマバード>

朝日があたったラカポシ<カリマバード>

春には杏の花が咲き乱れ、夏にはその実がたわわに実り甘酸っぱい香りを漂わせています。カラコルム山脈の7000mを超える名峰に囲まれたフンザの村。この村を人々はシャングリラ(桃源郷)と呼びました。360度驚くほどダイナミックな山々の展望と豊かな農村風景。なるほど桃源郷はここにありと思わずにはいられません。
多民族国家のパキスタンですが、フンザの人々はイスラム教の中でもイスマイール派の人口が多く、戒律の緩い宗派だと聞きます。だから他の地域に比べて女性が外で働く姿をよく目にします。また、男性はフンザ帽と呼ばれる独特な帽子をかぶっているのも特徴です。

バルティットフォート<カリマバード>

バルティットフォート<カリマバード>

フンザの中心地、カリマバードから車で山道を約30分上ると、標高3000m近くのドゥイカル展望台に辿りつきます。正面にはカラコルム山脈のラカポシ山(7788m)を望み、左にディラン、ゴールデンピークと7000m級の山々が連なります。後ろを振り向けば、かの有名な登山家長谷川恒男氏が命を落としたウルタル山と、鋭く尖ったレディ・フィンガーも一望のもと。ここからの朝日はまさに絶景!一番高いラカポシ山の頂上が徐々に朝日に染められ、次第に連なる山々がキラキラと輝き始めます。桃源郷フンザの谷が一刻一刻と鮮やかに彩られていく、とても贅沢な時間です。この風景を見るためにフンザに来たといっても過言ではないでしょう。

パキスタン最奥・上部フンザ・ゴジャール地方

土砂崩れで生まれたアッタバード湖で、ドライバーさん

土砂崩れで生まれたアッタバード湖で、ドライバーさん

パキスタン最奥の地ゴジャール地方。すなわちカラコルムハイウェイで中国国境のクンジュラブ峠へと続く上部フンザのエリアです。かつて土砂崩れで湖が生まれ、しばらく陸路移動ができなくなっていたのが、何年か前にトンネルもできてパキスタンから中国へカラコルムハイウェイがまた繋がっています。
ゴジャール地方では南部エリアとは話す言葉も異なり、ワーヒー語が話されます。グルミット村にはアッタバード湖が生まれ、美しい風景を見せています。もともとフンザのミール(藩主)の別荘があったほど山々の眺めもいいところ。

グルミット村の何でも屋さんの笑わない?店主

グルミット村の何でも屋さんの笑わない?店主

グルミットからカラコルムハイウェイを15㎞ほど北上すれば、パスー氷河の絶景が見られます。ハイウェイのすぐそばまで迫ってくるパスー氷河の美しさにはため息が出るほど。クンジュラブ峠の少し手前のパキスタン側の最後の町が標高3000mのスストです。町中に漢字の看板が見えたり、中国色も濃くなってきます。この町からカシュガルまでのローカルバスも出ているそうです。

タイトルとURLをコピーしました