SNSで自慢したい!写真映えスポット7選

サルベーションマウンテン
メキシコ「死者の日の祭り」祭壇が可愛すぎる!

メキシコ「死者の日の祭り」祭壇が可愛すぎる!

SNS映えという言葉が市民権を得て久しいですが、映えって何?!と常々思う私です。海外旅行に行けば、ちょっとした小道も、ベンチでお昼寝している猫さえも、絵になる~!なんて思ってしまい、映えの基準がめっぽう低いと思われる私です。最近ではSNSはもっぱら見る専門で、せっかくの写真もそっと心のアルバムにしまい込んでおりました。そんな私が今まで旅してきた国々の中から、これって“映え”なんじゃない?と思われる場所を、そっとご紹介させていただきます。

映えの殿堂入り!ボリビアのウユニ塩湖でトリック写真

鏡張りのウユニ塩湖をひた走る4WD

鏡張りのウユニ塩湖をひた走る4WD

SNS映えでまず最初に思い付いたのは、王道中の王道、ウユニ塩湖です。遥か昔、10代の頃にテレビで見たウユニ塩湖に私は目が釘付けになりました。どこまでも続く鏡張りの湖はまるでこの世の景色とは思えないほどの美しさで、若かりし私に鮮烈な印象を残しました。ウン十年の時が過ぎ、私は縁あってウユニを目指すことに。飛行機が丸1日遅れ、疲労困憊でウユニの地に辿り着いた私を待っていたのは、すべてを吹き飛ばすような透明な世界です。

ウユニ塩湖でトリック写真

ウユニ塩湖でトリック写真

言葉を失うとは、まさにこの事。見渡す限りの鏡張りの世界に、平衡感覚さえ失ってしまいそうです。空の青、夕日のオレンジ、紺碧の夜空の星空をかわるがわる映し出す塩湖にただただ、ため息がこぼれます。鏡張りの塩湖を見たいのであれば、雨季の1月~3月頃がベストシーズンです。ウユニに来たら映えなトリック写真を撮りたいと思っている方は是非日本から小道具を用意していきましょう。人形や、小さなボール、100円均一で売っているペンライトなどがあるとユニークなトリック写真が撮影できます。星空の写真を撮るなら、三脚も必携です。できれば、ジャケットは原色をチョイスしてください。シンプルな色味よりも、ピンク、オレンジ、黄色といった派手なカラーの方が写真がより華やかになりますよ。

砂漠に現れる極彩色のサルベーションマウンテン

有名アーティストもPV撮影に来た人気スポット

有名アーティストもPV撮影に来た人気スポット

”GOD IS LOVE” レナード・ナイトという 一人の男性が28年もの歳月をかけ、荒涼とした砂漠に築き上げたこのメッセージ。ロサンゼルスから車で約3時間、枯れ果てた大地に突如として現れるサルベーションマウンテンは、色彩と神への愛に満ち溢れた、世界で最もハッピーになれる場所です。ここでは、どこを切りとってもSNS映えな写真しか撮れません!レナード氏はもともと自動車整備工として生計を立てていましたが、ある日突然、信仰に目覚めました。神様の言葉を広く世界に広めたいと思った彼は、この土地で一人、神への愛・神の言葉を表現し始めたのです。

細部まで可愛くペインティングされ、見ていて飽きない!

細部まで可愛くペインティングされ、見ていて飽きない!

砂漠の山に大きく書かれたメッセージと十字架、トラクター、乗用車、原付バイク、ポスト、自転車と、いたるところに彼の“愛と信仰”が表現されています。豊な色彩と一面の絵に、かわいい~~!の連発なのですが、かわいいという言葉だけでは表現できない魅力が、ここサルベーションマウンテンにはあるように感じます。信仰心のない私でも、ここにいるだけでパワーをもらえるような、幸せな気持ちになれるような、神聖な気持ちで満たされていくような感覚です。とても細かいところまで鮮やかなペンキが塗られ、メッセージが描かれていて、いつまでも飽きることなく眺めていられます・・・。

ピラミッドでもアブシンベル神殿でもない、エジプトのおすすめスポット!

昔ながらの古民家を改装したカフェ…はい、シャレオツ!

昔ながらの古民家を改装したカフェ…はい、シャレオツ!

エジプトと言えば、ピラミッド、スフィンクス、アブシンベル・・・といかにもSNS映えしそうなスポットは枚挙にいとまがありませんが、あえてそれらをスルーし、ご紹介したいのがヌビア村です。エジプト南部の都市、アスワンからジェットボートで30分ほどのところに位置しています。歩いて回れるほどの小さな村ですが、どこもかしこもフォトジェニック!某有名ガイドブックにも、ちーさくしか扱われていないのが私的には不本意です。それくらい、一見の価値ありの可愛い村。

町全体がブルーに彩られた可愛い町並み

町全体がブルーに彩られた可愛い町並み

ヌビア村では、家の壁を青で塗ったり、巡礼やヌビアの絵を壁に描いたりと村中がとっっってもカラフル!村人の皆さん、とても創意工夫をもって装飾をしているようで、ペイントはもちろん、陶器を張り付けたり、ワニのはく製を壁に飾ったりと、かなりユニークです。色とりどりの装飾を身に着けたラクダに乗ったり、ヘナタトゥーに挑戦したり、ヌビア人宅のカフェでミントティーを飲んだりと、一味違ったエジプトを体験できるオススメの場所です。

タイトルとURLをコピーしました