世界85カ国を周遊した旅のプロが選ぶ世界のベスト20 その①

ウユニ塩湖/湖面に逆さのボクが映る
ジャンプして歓迎してくれるマサイ族の男たち。

ジャンプして歓迎してくれるマサイ族の男たち。

26歳のときに初めて日本から船出して以来、30余年で85ヵ国に旅してきました。行ったことがある国の数を増やそうとしていたわけでもないのに、いろいろ行ったものだと思います。
若い頃はバックパッカーでひとりで歩き回る旅を楽しんでいました。中年になってからはガイドさんに案内してもらうことが多くなりました。その中で自分なりに良かった所20箇所をご紹介していきます。
(その①では5箇所をご紹介、その②~その④で5箇所ずつ、残り15箇所をご紹介します。)

ホントに「桃源郷」が有った!パキスタン最北端フンザ

カリマバード付近からみたラカポシ峰(7788m)

カリマバード付近からみたラカポシ峰(7788m)

今までで一番、という旅先にパキスタンを選ぶ人は少ないと思いますが、最北端で中国・アフガニスタン・インド国境に囲まれたフンザは今はパキスタンでも、他のパキスタンとはまるで別の世界。筆者が三十数年前に訪れたその地はまさしく「桃源郷」でした。
中国最西端のカシュガルから海抜5000mに迫るクンジェラブ峠を越えて行ったのですが、その山中の道が前夜の大雨で流されていて、乗り合いバスの狭い座席で凍えながら1泊した後、やっとの思いでフンザに辿り着いたため、天国に着いた思いでした。

フンザ川の対岸から美しいフンザ谷とウルタル山を仰ぐ

フンザ川の対岸から美しいフンザ谷とウルタル山を仰ぐ

標高約2,500mのフンザからはいくつもの7,000m級の高山を仰ぎ見られ、春には杏の花が谷を埋める素晴らしい景観の地。「ここには邪悪なものが何も無い」と思わせるような、清廉で朴訥な村人たちと過ごすことができ、わずかな代金で杏やメロンが食べ放題。この世に本当に「桃源郷」が有った!と思えました。それに、辛い物が苦手な筆者には他のパキスタンと違い食べ物が全く辛くない、というのも天国でした。

初めてのサファリならココ。ケニアのマサイマラ保護区

マサイマラ動物保護区のサファリでチーターに会えました

マサイマラ動物保護区のサファリでチーターに会えました

子供から年配の方まで、家族旅行でも一人旅でもカップルでも、誰でも、どんな旅の形でも必ず楽しめます!と、自信を持ってお勧めできるのがケニア・マサイマラ動物保護区でのサファリです。動物好きな人はもちろん、そうでない人でもきっと満足感に浸りきれること、まちがいなしです。

狩りのあと獲物にむしゃぶりつくマサイマラのライオンたち

狩りのあと獲物にむしゃぶりつくマサイマラのライオンたち

アフリカでサファリができる所はたくさんありますが、マサイマラは野生動物の種類も個体数も他より多く、高確率でたくさんの動物たちに出会うことができるのです。
1日2回のサファリを何日繰り返しても新しい発見があり、飽きることもないでしょう。ガイドの説明を聞き、目が慣れていくに従ってオス・メスの判別など、動物たちの生態がよく見えてきます。初めは動物にしか向かなかった注意が野鳥や植物たちにも行くようになり、また違った良さを楽しめるのです。

国ごとテーマパークみたいなスイス。アルプスの観光地

グリンデルワルト中心街(ホテルクロイツ&ポスト前)

グリンデルワルト中心街(ホテルクロイツ&ポスト前)

筆者がスイス・アルプスを訪れた動機はひとえに、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅であるユングフラウヨッホにまで行きたい、という思いからでした。しかし実際にその目的駅から山上に出ると、眼前までアレッチ氷河が広がり、その壮観に思わず目を奪われました。そして途中のグリンデルワルトからの山々の雄姿や村の建物が創り出す景色の美しいこと!
もちろん、その登山列車は存分に楽しみましたが、それ以上に筆者にはアルプスの魅力が焼き付きました。

ツェルマットから登山電車でマッターホルンが見える駅へ

ツェルマットから登山電車でマッターホルンが見える駅へ

スイスの山岳リゾートの中でグリンデルワルトに並んで人気の高いのがツェルマットです。ここではスイスでも人気抜群のゴルナーグラート展望台(3089m)に、アプト式の登山列車で登っていきましょう。ゴルナーグラートからは三角錐の形のスイスのシンボル、名峰マッターホルンやモンテローザ峰、そしてゴルナー氷河の迫力満点の絶景を存分に楽しめるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました