【東北人家】横浜中華街で本格中国東北料理

中国東方料理 東北人家
東北人家は横浜中華街のシンボル善隣門から徒歩1分

東北人家は横浜中華街のシンボル善隣門から徒歩1分

冬の氷点下、寒さに負けないホットな中国東北料理

2つのだしでしゃぶしゃぶを楽しむ<瀋陽>

2つのだしでしゃぶしゃぶを楽しむ<瀋陽>

日本の約25倍もの国土と悠久の歴史を持ち、多民族国家の中国には各地方の気候・地理・歴史・食材・食習慣・隣接する国食文化などの違いにより各地独自の調理法、味付けがあります。
一般的に日本では中国4大料理といわれる
1:北京ダックなどの王道中華料理の北京料理。
2:唐辛子だけではなく山椒の辛さがぴりりと美味しい四川料理。
3:肉汁ジュワジュワ~がたまらない小籠包など醤油味で少し甘めの味付けの上海料理。
4:「食は広州にあり」と言われる飲茶や海鮮料理など薄味で素材を生かした南の広州料理 などがあります。

串焼き肉の食堂にて<丹東>

串焼き肉の食堂にて<丹東>

「4本足のものは机と椅子以外、2本足のものは家族以外、飛ぶものは飛行機以外、水中のものは潜水艦以外、なんでも食べる!」と言われる格言があるほど食の文化が優れているとされる中国。食べる事で中国を知ることができると言っても過言ではありません。圧倒的なうま味の引き出し方の凄さが中華料理の1番の強みです。まるで神業のような油の使い方の上手さ、強い火力による素早い調理、醤(じゃん)と呼ばれる調味料は紀元前8世紀頃の文献にまで記載されているという長い歴史があります。美味しく楽しめる中華料理は世界1の料理ではないでしょうか。今回はこの4大中華料理よりディープで、そして実は中華街に勤めるシェフがプライベートで食べるというほど大好きな中国東北地方料理を紹介したいと思います。

東北人家本店(中国東北料理/横浜/神奈川)

東北人家(横浜中華街/神奈川)外観

東北人家(横浜中華街/神奈川)外観

中国東北料理とは旧満州地区の遼寧省、吉林省、黒竜江省の郷土料理で、味付けのベースは塩味や醤油味が多く、西のモンゴル、東の北朝鮮、北のロシアも融合した日本人の口にも合うお料理です。訪問させていただいたのは、横浜中華街にある東北人家(とうほくじんか)本店。立地は、JR根岸線 石川町駅中華街口より徒歩5分中華街のメインストリート中華街大通りに続く西門通り沿いにあるので迷うことはありません。

ランチをしたのは春節の大晦日2月11日、実は席の予約を取ろうとしたところ旧正月なので2名の予約は受け付けてないですと言われてしまいました。要するに2人なら早い者勝ちということ。なのでランチタイムスタートと同時に席に着くべく張り切ってお店に向かいました。

今回の目的は前から興味があった東北地方の餃子と東北料理らしい珍しい料理を食べる事。東北地方では古くからの習慣として餃子にはその発音が交子(子を授かる)と同じであることや清代のお金の形に似ていることにより縁起の良い食べ物とされ、また「交」には末永く続くという意味もあり、春節には長寿を願って、大晦日には年越し餃子(更歳餃子)を食べるという習慣があるそうです。そうとは知らずまさかの大晦日に初めての東北料理店に訪れ、お店は開店と同時に満席になりました。
お店に入ると、中国の方の独特な日本語と中国語が混ざって響きます。あぁこれぞ中華街、中国好きにはたまりません。店内は白を基調に木を使った田舎の家をモチーフにした明るいお店で、女性同士でも入りやすい雰囲気。お客さんのほとんどが、中国の方だったのは、中国人が味を認めた証です。

お皿に立つ丸揚げのイシモチにビックリ!!

お皿に立つ丸揚げのイシモチにビックリ!!

沢山あるメニューの中から迷いに迷ってオーダーしたのは
◎豚肉・漬け白菜のジャンボ蒸し餃子4個500円
◎焼き餃子4個400円
◎東北にらまんじゅう2個400円
◎クミンや数十種類のスパイスをまぶした東北ふるさとの味の牛串焼き2本300円
◎イシモチの甘辛東北煮込み1380円。
2名合計でソフトドリンクも含めてなんと3938円。これは観光地なのに驚きの安さです。実際カイコの辛味炒め、カエルの汁なし鍋、ニワトリの頭の串焼きなんて、日本人には馴染みの無いメニューもありますがそれは横目でメニュー表だけ確認させていただきました。

中国地方料理と聞いて興味半分、怖さ半分でついてきた中学生の娘も味に大満足。肉汁溢れる餃子は中身もぎっしり、白菜の甘味で食べやすく日本の餃子の倍以上の大きさですがぺろりと完食しました。子連れだったのもあり辛くない・羊も無しで東北地方料理を食べたいなんてハードル高いかもしれないと心配したのですが、実際は老若男女誰でも食べられるメニューがあるので安心して下さい。

私は、満州で生まれた祖母からいつも中華料理の事を教えてもらっていたので、物心ついた時にはいつのまにか中華料理が大好きになっていて、七五三、法事、結婚、仕事と人生のいつも近くに中華料理がありました。それでもまだ知らないことは沢山で中華料理は本当に奥深いです。誰かに教えてあげたくてたまらない中華料理店がまた増えてしまいました。(2021年2月訪問)

レストラン名東北人家
ジャンル中国東方料理
住所横浜市中区山下町214【西門通り】
TEL045-641-7595
予算1000円~
座席70席
個室有り(宴会用)
予約の可否可(要問合せ)

 

ペンギン案内人11号/岡野 由里

タイトルとURLをコピーしました