【こんな国あります!!世界の秘境】知らなきゃソンする!人気急上昇間違いなしのカザフスタンとは?

バイテレク(モスクワ・ビジネス・コンプレックスのレストランからの眺望)
知られざる絶景の宝庫 カザフスタンとは?

知られざる絶景の宝庫 カザフスタンとは?

皆さん、カザフスタンという国の名を聞いたことはあると思いますが、有名な観光地は思いつきますか?恐らくほとんどの方が何も思いつかないと思います。もしかしたらカザフスタンのフィギュアスケート選手のオリンピックメダリスト、デニス・テンを思い出す方はいらっしゃるかもしれません(ちなみにデニス・テン選手は母国カザフスタンで、亡くなった今でも国民的スターです)。
まだまだ知名度は低いけれど、きっとこれから人気が高まること間違いなしのカザフスタン。そんなこの国の魅力を、2度旅行で訪れたことのある私・橋本がご紹介いたします!

カザフスタンってどんな国?

おすすめレストラン「NAVAT」の店員さん めちゃ美人

おすすめレストラン「NAVAT」の店員さん めちゃ美人

ユーラシア大陸の中央に位置するカザフスタンは実は世界で(アルゼンチンに次いで)第9位の大きさの国土をもち、同時に世界最大の内陸国で、国土の約半分は砂漠や乾燥したステップ(草原)となっています。
国土が広いため鉱物資源が豊富で、主力輸出品の原油は輸出額の95%以上を占めています。さらにウランやクロムなどの埋蔵量でも世界有数の規模を誇っており、日本との関係も今後注目されている国なのです。

バウルサク(揚げパン)を持つカザフ族の女の子

バウルサク(揚げパン)を持つカザフ族の女の子

人口を構成する約70%の民族がカザフ人と呼ばれる人々で、もともとは遊牧民族でした。現在はそのほとんどが都市民、農耕民として暮らしています。
現在のカザフスタンの原型であるカザフ人の国ができたのは15世紀末。チンギス・ハーンの子孫であるケレイとジャニベクの2人によって建国されます。
しかし18世紀になるとロシア帝国の一部となり、さらに19世紀にはカザフ・ソビエト社会主義共和国としてソ連の一部となりました。
ソ連崩壊の直前の1991年にカザフスタン共和国として独立を果たし、現在に至ります。

カザフスタンへの行き方

ウズベキスタンとの周遊も人気プラン 写真はサマルカンド ティラカリメドレセ

ウズベキスタンとの周遊も人気プラン 写真はサマルカンド ティラカリメドレセ

あまり知られていませんが、カザフスタンの首都ヌル・スルタンへは2019年10月よりSCAT航空が運行しておりました。しかし時はこのコロナ・パンデミック。残念ながら運行の停止を余儀なくされ、2020年現在いまだ再開のめどはたっていません。
中央アジアへ運行している航空会社の数は少ない為、カザフスタンへの直行便は早期に再開が望まれるルートの1つです。

大韓航空の機内食は 安定の美味しさで定評のあるビビンバ

大韓航空の機内食は 安定の美味しさで定評のあるビビンバ

直行便以外ですと、ソウル乗継ぎやイスタンブール乗継ぎ、ロシア乗継ぎが考えられます。
この中でもっとも乗継ぎの時間帯がよく、リーズナブルなのはソウル乗継ぎの便です。
ただしソウル乗継ぎ便は毎日運行ではありませんので、プランニングの際はまずフライトスケジュールを確認してから、内容を決めて行くのが良さそうです。
コロナ明けのフライトスケジュールは変更になる可能性が高いので要注意です。

カザフスタンへのツアー

キルギスとの周遊ツアーも定番 写真はキルギスのイシク・クル湖から見た天山山脈

キルギスとの周遊ツアーも定番 写真はキルギスのイシク・クル湖から見た天山山脈

カザフスタンのツアーはそのほとんどが団体ツアーで、個人旅行を扱っている会社はほとんどありません。カザフスタン1国のみのツアーは皆無といってもいいでしょう。
団体旅行で行く場合は、カザフスタンとキルギス、ウズベキスタンなど中央アジアの国を一挙に巡るツアーが人気です。
特にキルギスの首都ビシュケクはカザフスタンの最大都市アルマトイから車で約5時間で行けてしまうので定番のコンビネーションです。

ヌル・スルタンの黄金色に輝くビジネスセンター

ヌル・スルタンの黄金色に輝くビジネスセンター

これまで2回カザフスタンに訪れたことのある私から言わせていただくと、カザフスタンのみで10日間かけても全く退屈はしないので、是非カザフスタン1国にじっくり時間をかけて訪れてほしいところです。とは言え情報もまだまだ少ない国ですので、細やかな要望に応えてくれる個人手配を請け負っている、カザフスタンに詳しい旅行会社に依頼するのが最良の選択と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました