女子必見のマカオ旅~「歩く」・「食べる」・「買う」を満たす~

マカオのエッグタルト
カジノの町マカオ。マカオはそれだけではありません!

カジノの町マカオ。マカオはそれだけではありません!

マカオと聞いてまず思い浮かべるのは「カジノ」でしょうか?旅人のバイブル「深夜特急」でも主人公がカジノにハマった場面を思い出す人もいるかもしれません。そんなカジノイメージの強いマカオですが、それは一昔前の話。どんどん変わりゆくマカオは知らないと損するくらい「女子旅」におすすめなのです。そんな女子が大好きなマカオをご紹介します♪

女子が大好きな東洋と西洋が融合する【街並み】

世界遺産巡りのスタートにもなるセドナ広場

世界遺産巡りのスタートにもなるセドナ広場

キリスト教布教の東アジアの拠点としてマカオにポルトガルが進出し始めたのが16世紀中頃。その後多くのポルトガル人が住み始め、1887年正式にポルトガル領となったことで街はポルトガル色に染まっていきました。そして1999年、約100年続いたポルトガル統治時代が終わり、マカオは中国へと戻りました。そんな複雑な歴史を持つマカオには東洋と西洋の文化が入り混じった異国情緒溢れる街並みがあります。

マカオの長閑な町並みを残すコタイ南部

マカオの長閑な町並みを残すコタイ南部

アールデコ風の街灯のある道には石造りのアパートメントの様な建物が建ち並び、まるでヨーロッパの雰囲気。丘の上には教会や聖堂が建ち、噴水のある広場があり、ここは本当にポルトガルの一部だったんだと実感できます。かと思えば道を1本渡ると漢方薬屋さんや中国寺院、中国商人の邸宅があり、一気に中国の雰囲気に。この西洋と東洋が実に違和感なく自然に調和が生まれているのがこの街の魅力です。

女子が大好きなノスタルジックな雰囲気を纏う【世界遺産】

ここは必見!荘厳な聖ポール天主堂

ここは必見!荘厳な聖ポール天主堂

マカオの世界遺産は22の歴史的建築物と8つの広場、この小さな街に計30件もあるのです。その世界遺産も中国的なもの、ヨーロッパ的なもの、遺跡的なものなど様々で、その多くはマカオ半島南部に集中しています。歩いて効率よく回るためのスタートはセドナ広場、石畳とコロニアルな建物が女子心をくすぐります。ここから徒歩で世界遺産を楽しんで周りましょう。聖ポール天主堂は17世紀初頭に建てられた、マカオのシンボルとも言える教会跡。正面の壁面のみでもその姿は荘厳です。

世界遺産の多く集まるマカオ半島南部

世界遺産の多く集まるマカオ半島南部

まだまだ徒歩で世界遺産を巡れます。徒歩のいいところは途中で気になるお店や町並みを見つけたら立ち止まる事が出来るところ。世界遺産エリアは歴史も古くちょっとした路地が素敵だったり、中国茶のお店や伝統菓子のお店など女子の気になるポイントが沢山。街歩きは思いがけない立ち寄りも楽しいものです。

女子が大好きな美食【ポルトガル料理】

マカオで食べられる美味しいポルトガル料理

マカオで食べられる美味しいポルトガル料理

女子だけでなく旅の目的のひとつに「食」をあげる方も多いハズ。その国で何を食べるか、どのレストランに行くか、何を飲むか、など行く前からガイドブックやウェブを見て計画を立てるのも楽しいですよね。マカオでぜひ食べたいのは「ポルトガル料理」。タラやイワシなどを使ったコロッケやフライ、タコの炊き込みご飯、豚とアサリの炒め物など魚介がたっぷり!日本人に合わないわけがありません。またポルトガルはワインも美味しいものが揃っていますので合わせていただきたいですね。

子供にも食べやすい優しい味

子供にも食べやすい優しい味

また、「マカオ料理」と呼ばれる、ポルトガル料理にインドや中華などのエッセンスが入った料理も。どちらかと言うとよりスパイシーで、ちょっと刺激を求める方にはオススメです。もちろんマカオでは美味しい中華料理も食べれますので、本当に飽きません!食べたいものが沢山あって迷ってしまします。

タイトルとURLをコピーしました