おしゃれ女子必見!おすすめ旅コーデ術

その国独特のおしゃれにチャレンジするのも旅の楽しみの一つです

その国独特のおしゃれにチャレンジするのも旅の楽しみの一つです

女性にとって旅支度で一番時間がかかるのは服選びではないでしょうか?
旅へ行く時の服は機能を重視するのはもちろんですが、お洒落も楽しみたいですよね!

そこで今回は、旅先で失敗しないおすすめのコーデやこれはやめておいて!というNGコーデなどファッションについてご紹介します。

旅先や旅の目的によっても服選びのコツは異なってきます。それぞれのシーンに合わせたコーデをご紹介いたしますので、次回の旅の参考にしていただけますと幸いです。

空の旅での服選び

機内では寒さ対策も忘れずに!

機内では寒さ対策も忘れずに!

長時間のフライトを乗り切るための機内でのファッションは悩みどころです。
快適さを重要視するあまりカジュアルになりすぎてしまうと、ラウンジなどで浮いてしまう・・なんてことになりかねません。
動きやすさやリラックス感を重視しつつも、おしゃれさをキープできるおすすめコーデをご紹介します。

ちょっとした薄手のアウターは大活躍♡

ちょっとした薄手のアウターは大活躍♡

【おすすめコーデ1】 ジャケット
とりあえずジャケットを羽織っておけば、ラフなパンツやスポーティなスエットでもファッション性が高くなります。現地でちょっとおしゃれなレストランなどにディナーに行きたいなとなった時も、1枚ジャケットがあればオッケーです。

【おすすめコーデ2】 ワンピース
体を締め付けないワンピースは機内で着るのにとても重宝します。トイレも楽ちんです。
ただし丈選びには注意が必要です。シートに座っても足が出ないように、ロング丈の物を選ぶようにしましょう。機内の寒さ対策として、レギンスなどを下に履くのもおすすめです。

【NGコーデ】
機内ではデニムやスキニーなどの体を締め付ける服は避けましょう。特に長時間のフライトではエコノミー症候群になるリスクが高くなるので注意です。

街歩きでの服選び【欧米編】

ワンピースでも下にパンツをはけば、アクティブに動けます。

ワンピースでも下にパンツをはけば、アクティブに動けます。

1日中歩くような街歩きでの服選びのポイントはズバリ動きやすさです。

【ロングワンピースor 細身のパンツ x ショルダーバック x スニーカー】

日本人の女性は欧米では年齢よりも若く見られがちなので、あまり幼く見えるようなファッションは特におとな女子は避けるのをおすすめします。

地図やガイドブックを見たりするシーンが多くなるので、両手を空けておくのは必須です。ショルダーバッグはスリ・ひったくり対策のために必ず斜めにかけて自分の前にバックの口の部分を持ってきましょう!そしてきちんとチャックが締まるタイプにしましょう。

石畳の道が多いヨーロッパでは足元はやはりスニーカーがおすすめです。最近はスポーティなものから革製のスニーカーまでさまざまの種類のタイプがありますので、自分のコーデにあったスニーカーを選んでみては。

子供服は現地調達しました!(キューバ)

子供服は現地調達しました!(キューバ)

【NGコーデ】
街歩きで注意したいのがトイレに行ったときです。
オールインワンは脱ぎ着が大変なのでおススメできません。また、ワイドパンツは裾が床につきやすいので衛生面を考えると避けたほうが良いです。
足元は、フラットシューズは靴底が薄いものだと、石畳の道を長時間歩くのには向いていないのでなるべく圧底の靴を選ぶようにしましょう。

ディナーの服選び

黒いワンピースはフォーマル感を出しやすいので、1枚持っていくと役立ちます

黒いワンピースはフォーマル感を出しやすいので、1枚持っていくと役立ちます

ディナーに行く際は、格式の高いホテルやレストランではドレスコードがあるのがほとんどですので、綺麗めの服を選ぶように意識するのがおすすめです。
特に欧米ではドレスアップをしてディナーを楽しむのが一般的です。
セミフォーマルな服装を心がけましょう。

ワンピース&ジャケット x サンダルorヒール
ジャケットに抵抗がある方は、ガーディガンでも良いと思います。

バーやクラブなど夜の街へ繰り出す際は、海外でしか着られないようなカラーのドレスをチョイスできるのも旅の楽しみですよね♪

アクセサリーでゴージャス感を出すのもおすすめです。

アクセサリーでゴージャス感を出すのもおすすめです。

昼間でも格式の高いホテルではドレスコードがあります。宿泊する場合は、事前にチェックしましょう。特にシティにあるホテルは注意が必要です。リゾートにあるホテルはデラックスホテルでも昼間であればほとんどドレスコードはありません。

タイトルとURLをコピーしました