中世を世界旅行!歴史好きにおすすめの海外観光7選

真っ白な聖堂と素朴な教会が織りなすスズダリの景色

真っ白な聖堂と素朴な教会が織りなすスズダリの景色

「もしもタイムマシンがあったなら・・・」貴方はどこへ行きますか?今回は「歴史」という題材をさらに掘り下げ、「中世の世界旅行」をテーマにおすすめスポットを紹介します。「中世」という歴史区分は主に西洋史に対する概念となり、大まかに5世紀から15世紀までを指します。本記事では典型的な中世のヨーロッパではなく、同時代の中近東、アジアやアフリカにも目を向けてご紹介します。なお、もし宜しければ原田真二さんの『タイム・トラベル』をBGMに聴きながら読んでみて下さい♪それでは時間旅行へ行ってらっしゃいませ!

十字軍遠征最大の目的地は3つの宗教が交わるエルサレム

ヴィア・ドロローサはイエスが最後に歩んだ道

ヴィア・ドロローサはイエスが最後に歩んだ道

「十字軍」を簡単に説明すると、キリスト教徒が聖地とされる都市エルサレムをイスラム教徒から奪還するために派遣した遠征軍のことです。11世紀から13世紀にかけて、7回もの遠征が行われました。ただ、十字軍の概念はキリスト教徒側からの視点であり、イスラム教徒から見ると壮大な侵略行為。イスラム教徒にとっても、エルサレムは聖地なのです。

聖地エルサレムには世界中から各宗教の巡礼者が。

聖地エルサレムには世界中から各宗教の巡礼者が。

歴史は多様な角度から捉えることが大切です。イスラム教徒視点の十字軍遠征における歴史の中で、第3回十字軍の時に活躍した英雄と称されるサラーフ・アッディーン(サラディン)という人物に焦点を当てましょう。彼は、十字軍に勝利しエルサレムを守り抜きます。十字軍側はそれまでの遠征で捕虜となった人々を殺めてきましたが、サラディンは基本的に捕虜に手を掛けなかったのです。その慈悲の精神や寛大さから、歴史上でも人気の人物となっています。

長い歴史を持つエチオピア!神聖な岩の教会に歴史が刻まれる

巨大な一枚岩をくり抜いて造られた傑作聖ギオルギス教会

巨大な一枚岩をくり抜いて造られた傑作聖ギオルギス教会

それではアフリカの歴史で重要なエチオピアへ行きましょう!この国は、紀元前から歴史を重ねており、世界最古の国と称されることもあります。鍵となる場所は世界遺産でもあるラリベラの岩窟協会群。なんと世界で初めて登録された12件の世界遺産の中の一つです。実はこの遺跡、先に紹介したエルサレムと繋がりがあります。

約1000年前のグス語で書かれた聖書が今も残る

約1000年前のグス語で書かれた聖書が今も残る

ラリベラは、かつてエルサレムがイスラム教徒の手に陥落した際(サラディンが活躍した第3回十字軍前後)、エルサレムに代わる新たな聖地を作るために都市計画が行われました。教会群の中で最も有名なものは聖ギオルギス教会と呼ばれる、巨大な一枚岩を正十字に掘り下げて造られた圧巻の教会です。教会というと煌びやかな装飾やステンドグラスを想像する方も多いですが、岩で出来た特異な教会には自然の神秘的な力が宿っていそうな雰囲気があります。

中世ロシアの建造美!白亜の教会を一目見たい

白亜のウスペンスキー大聖堂は壮大なロシア正教の総本山

白亜のウスペンスキー大聖堂は壮大なロシア正教の総本山

次の都市は打って変わって白亜の美しい建造物群が残るロシアの都市ウラジーミルとスーズダリ!実はこの地も十字軍の影響を受けた場所。キリスト教国の中でも、カトリック以外の宗派を征服するための北方十字軍というものもあったのです。中世時代、キエフ大公国(ルーシ)が東欧の地を治めていました。公国の一つであるウラジーミル・スーズダリ大公国は、12世紀に確立しました。

のどかなスーズダリの幻想風景に癒される

のどかなスーズダリの幻想風景に癒される

当初は木造建築が主流でしたが、この地では白亜の聖堂や修道院など、石材を使った建造物が建てられるようになりました。特に1158年に建てられたウラジーミルのウスペンスキー大聖堂はロシア正教の総本山の一つとして位置付けられた重要な建造物。そんな建物を残したルーシは、13世紀になるとモンゴル帝国の侵攻を受けて滅びの結末を迎えます。支配されたロシア側からの表現である「タタールのくびき」という用語は世界史上でも有名な言葉です。

タイトルとURLをコピーしました