初めてインド観光旅行に行く人のための注意事項 その2 知らないと損をする!!

チャンドバオリ・・幾何学模様の階段井戸

チャンドバオリ・・幾何学模様の階段井戸

初めてインド観光旅行に行く人のための注意事項 の2回めのコラムです。1回めは気候、治安、食事などの話をしましたが、今回は乗り物、ホテル、買い物などの話です。特に買い物やリクシャーは重要で、買い物をする際のオキテ、リクシャーに乗る時のオキテがあります。それらもこのコラムで公開します。きっと役に立ちます。最後まで読んでくださいね。

買い物は価格交渉で オキテが5条あります!!

ジャイプールはかわいい手工芸品の宝庫

ジャイプールはかわいい手工芸品の宝庫

最近では定価販売の店も増えたけれど、インドはまだまだ価格交渉が必要な国。何か面倒くさいような気がしますが、やってみれば意外とカンタン。お買い物のオキテを守れば、買い物もゲーム感覚で楽しいのです。
★オキテ1条 自分から値段を言わない。
お店に入って金額を知りたければいくらか聞いてください。自分から金額を言うと、その金額で買わなくてはいけないハメになることもあるので注意してください。
★オキテ2条 買いたい金額より下の金額をこちらから提示する。
800ルピーと言われて、300ルピーなら買ってもいい場合はこちらから200ルピーと提示します。

仏具屋さんにて(デリー)

仏具屋さんにて(デリー)

★オキテ3条 ラストプライスからもう一声ねばる。
お店の人がラストプライス400ルピーだと下げてきても、こちらも250ルピーだったらいいと粘ります。2枚買うから500ルピーにして・・っていうのもいい方法。
★オキテ4条 値段が折り合わなければ、店を出て帰るフリをする
たいてい、ここで呼び止めてくれます。ただ、呼び止めてもこちらの希望額ではなく、350ルピーにするからなどと、相手も必死です。折り合いのつくところで買いましょう。店を出るフリをして呼び止められない場合はあなたの希望金額が安すぎると考えてください。
★オキテ5条 買った商品を他の店で見かけても値段を聞いてはならない。
これが買い物のオキテの中で一番重要です。1時間かけて値段交渉をし、ようやく買ったのに、他の店の言い値が買った金額より安い場合がおうおうにしてあるのです。1日中気分が悪くなります。ですから決して買ったものの金額を他の店で聞いてはいけません。

リクシャーに乗る時のオキテ その1

サイクルリクシャーに乗って(アグラ)

サイクルリクシャーに乗って(アグラ)

オートリクシャーにサイクルリクシャー。インドでの都市交通の要はコレ。価格交渉が面倒くさいような気もしますが、難しくはありません。リクシャーに乗るオキテを守れば、買い物同様ゲーム感覚で楽しいです。
★オキテ1条 流しのドライバーのほうが良心的。
ホテルの前や、大観光地の前で客待ちしているドライバー。おうおうにして観光客に高い金額をふっかける悪徳リクシャーのことが多いです。ホテルから出る時も客待ちのドラーバーは無視して、大きな通りに出て流しのリクシャーを捕まえるようにしてください。

オートリクシャの運転手さん(ジャイサルメール)

オートリクシャの運転手さん(ジャイサルメール)

★オキテ2条 行き先を告げて、わからないような素振りをされたら乗らない。
よくある話ですが、行き先を告げてもわからないような素振りをされることがあります。行き先がわからないか、言葉が通じていないか、どちらかですが、どちらにしろ、トラブルの原因になります。このリクシャーには乗らない方が賢明です。
★オキテ3条 行き先をわかってくれたら、必ず料金交渉を。
料金を聞かずに出発するのは危険です。必ず料金交渉をしてから出発してください。最初の金額はこちらからいわずに相手に言わせるのがコツです。
★オキテ4条 交渉は希望金額より低めからスタート。
最初の希望金額は自分が考える希望金額より低めからスタートするのがセオリー。交渉は強気で。

リクシャーに乗る時のオキテ その2

田舎ではロバのリクシャーというのもあります(ナーランダ)

田舎ではロバのリクシャーというのもあります(ナーランダ)

★オキテ5条 金額の差が大きすぎる時はさっさと違うリクシャーと交渉すること。
どうしても最初のリクシャーとの金額が折り合わない時はいつまでも交渉するのではなく、さっさと違うリクシャーと交渉するようにしてください。切り替えは早い方がいいです。
★オキテ6条 交渉成立しても確認を忘れずに
○○ルピーだよね? と確認することによりトラブルを未然に防げます。1台〇〇ルピー(per car)と言わないと,降りる時1人あたり〇〇ルピー(per person)とゴネられることもあるので注意しましょう。

シカラと呼ばれる小舟も料金交渉で(スリナガール)

シカラと呼ばれる小舟も料金交渉で(スリナガール)

北インドのアグラやベナレスなどのような大観光地のリクシャーは上記のオキテ以外に2つ気をつけないといけないことがあります。
★オキテ6条 金額を値切りしすぎると、土産物屋に連れて行かれることも。
アグラなどではリクシャーの運転手と土産物屋がつるんでいます。うまく言い寄られて土産物屋につれていかれることも。値段交渉の時に「買い物なしね」というような念押しも必要な時も。
★オキテ7条 シルク工場、絨毯工場、ファクトリーと言われても所詮お土産屋。
お土産屋といえばみんな敬遠するので、最近はシルク工場とか、なんとか工場につれていってあげるという言い方をします。こう言われると何か伝統文化の体験ができるのはと思いますが、所詮これもお土産屋の1種。確かに工房があるところもありますが、お土産販売が主流です。行く必要はあまりないです。「NO」とはっきり断りましょう。

タイトルとURLをコピーしました