初めてインド観光旅行に行く人のための注意事項 その1 知らないと損をする!!

ガートを歩けば楽しい光景がいっぱい(ベナレス)

ガートを歩けば楽しい光景がいっぱい(ベナレス)

悠久の大地インドへ旅したい・・・でも、インドって危なくないですか? 食事はカレーしかないし、私は英語が少ししか話せないし、暑い国は苦手だし、何より友達を誘っても来てくれないし・・・ ひとり旅だと寂しくないですか? そんな迷える羊たち。インド旅行回数20回以上、北インドから南インドまで行きつくした私、川崎があなたのインドへの疑問に答えます。インドはあなたが考えるような国ではありません。食事は辛くないし、英語は少し話せばOK,インドは寒いし・・・ えっ、それってホント?まずは本文をご一読ください。

初めてインドへ行くのなら個人旅行型ツアー

オルチャ遺跡・・インドは知られていない遺跡が数多くある

オルチャ遺跡・・インドは知られていない遺跡が数多くある

インドに行くのに添乗員付きの団体旅行がいいか、バックパッカーで自由旅行がいいか、どちらでしょうか? そもそもインドの団体旅行はツアーの設定回数が少なく、催行率もよくありません。いいツアーだと思っていても人数が集まらずにツアーキャンセルになることも多いです。また品揃えも少なく希望の内容を見つけるのは困難です。またwithコロナ、afterコロナの時代、三密の団体旅行はそもそも時代遅れです。とはいえ、バックパッカーとしてインドを自由旅行をするのもハードルは高いです。都市間の移動が大変なこと、トラブルが多いということが問題点です。1ヶ月の放浪の旅としてならともかく、1週間程度の旅なら2都市しか回れません。短い旅なら、おすすめはできません。

町角の散髪屋さん(ベナレス)

町角の散髪屋さん(ベナレス)

それでおすすめするのが、少人数で催行する個人旅行型ツアーです。1名からツアーが催行し、ツアーキャンセルがないこと、日本から添乗員は付かないけれど現地で日本語または英語ガイドがお世話してくれるので安心です。また、アレンジや延泊ができるので、カスタマイズも可能です。コースの中には完全フリーだけれど、ガイドさんが同行するユニークなものもあります。こうした旅行はインドを専門とした旅行会社で取り扱っています。モデルコースだけでも100コース以上ある旅行会社、説明会を随時実施し疑問質問に詳しく答えてくれる旅行会社、インド通のスタッフを自分の旅の担当者に指名できる旅行会社。これらの条件に当てはまるのがいい旅行会社です。

あなたは英語がしゃべれますか? 苦手な人ほどインドが向いてます

英語が苦手な人でもインドの旅は楽しい(ナグプール)

英語が苦手な人でもインドの旅は楽しい(ナグプール)

あなたが中学程度の英語力しかないとします。その、あなたが世界を旅する時に一番最適な国はインドです。なぜかって? あなたがインドへ行きタージマハールのあるアグラでサイクルリクシャー(人力車)に乗ったとしましょう。その時の会話です。
人力車の兄ちゃんは「英語をしゃべるの?」って、よく聞いてきます。あなたは得意でないので、反射的に「すこしだけ」と答えます。多分「中国人か?」とも聞くはずです。こういうときは「ノー、ジャパニ」と答えましょう。インドは親日的な国なので、日本人だと知るとたいていの場合喜んでくれます。

占い師さんと私(デリー)

占い師さんと私(デリー)

そして、あと1回ほど話が続くと、「オー、あなたは英語がちゃんとしゃべれるじゃないか」と兄ちゃんは必ず叫ぶでしょう。とはいっても兄ちゃんの知っている英単語は多く見積もっても30単語くらい。それでも彼らは自分が英語を話せると断言するのです。中学程度のと英語力しかないあなたでも、この国では英語のうまい人になるのです。
だから英語が苦手な人ほどインドに行く方がイイというのが私の持論です。英語が苦手な人でもほめられて、気分が良くなる貴重な国。こんな国、世界広しとといえどもインドぐらいしかありません!!
インドでは「英語をしゃべるの?」って聞かれたら、「もちろん」って答えるようにしましょう。もちろん人力車の運転手さんや中級ホテル、レストラン、お土産物屋さんの店員などに対しての話です。さっそうとしたインド人ビジネスマンなどに対しては「すこしだけ」と答えたほうがいいですが・・・。

インドのベストシーズンは寒い?

乾季にガンジス河の日の出を見に行くボートツアーは寒く感じる(ベナレス)

乾季にガンジス河の日の出を見に行くボートツアーは寒く感じる(ベナレス)

インドの季節は雨季、乾季、暑季に分かれます。ベストシーズンは10月から3月上旬の乾季です。雨は降らず、たいてい最高気温も30度までは達しません。反対に北インドのデリーやベナレスなど12月、1月に最低気温が10度以下になり寒く感じることが多いので防寒着を忘れないでください。ベナレスのガンジス川の日の出と沐浴風景を見るためにボートに乗りますが、この時期は本当に寒いです。乾季はベストシーズンではありますが、オールマイティではありません。霧がかかり、交通機関(特に列車)が大幅に遅れることがあるのもこの季節のマイナス点です。

世界3位のカンチェンジュンガ峰 インドはヒマラヤの国でもあります

世界3位のカンチェンジュンガ峰 インドはヒマラヤの国でもあります

3月下旬から5月はインドで一番暑い季節です。デリーでは最高気温が40度を越します。インドが一番インドらしくなる季節で、それなりに楽しめます。
6月から9月は雨季です。ただ雨量は場所により異なります。デカン高原、ダージリン、南インドなどは雨量が多いですが、ジャイプールなどのラジャスタン地方は砂漠気候なので、雨季といっても雨はほとんどが降らないエリアもあり、雨季の様相は様々です。気温は暑季より低いので、雨量の多いエリアを除けば意外に悪くないシーズンかもしれません。
このようにそれぞれの季節のメリット、デメリットがるのがインドの気候の特徴です。

タイトルとURLをコピーしました