ブータンvsネパール どっちが観光旅行におすすめ?違いはどこ?

ツェチェの祭り(ブムタン/ブータン)

ツェチェの祭り(ブムタン/ブータン)

ヒマラヤの国、ブータンとネパール。どちらも圧倒的な大自然と独自の文化を誇っているようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか? 共通点は? 違いはどこ? どっちが観光旅行におすすめでしょうか? そんな疑問にお答えするのがこのコラムです。ブータン、ネパール旅行対決7番勝負。さて、勝敗の行方はいかに?

ブータンvsネパール 共通点は?

ブータンの小学生(トンサ)

ブータンの小学生(トンサ)

ブータンとネパール。ともに中国とインド2つの大国に挟まれた国です。国の北側にはヒマラヤの高峰がそびえているのも共通点です。反対に南部は標高が1000m以下の地域もあり、亜熱帯や熱帯ジャングルで、野生動物の楽園にもなっています。どちらも国中すべてが山の中にあるわけではありません。
気候はほぼ同じで、10月から5月が乾季、6月から9月が雨季となっています。乾季はヒマラヤの山々が見られる確率が高く、中でも3月、4月、10月、11月がトレッキングに最適のシーズンというのも共通です。

「はなのいえ」からのアンナプルナの眺望(アスタム/ネパール)

「はなのいえ」からのアンナプルナの眺望(アスタム/ネパール)

一時は日本から直行便がネパールに飛んでいましたが、今はすべて乗継便しかありません。どちらの国へも乗継便となります。ネパールへはバンコク、デリー、クアラルンプール、ソウルなどから経由していくしかありません。一方のブータンもバンコク、デリーまで行き、そこからブータンの航空会社を利用し、ブータンへ向かうことになります。

ブータンvsネパール 違いはどこ?

ポンテの棚田(ブータン)

ポンテの棚田(ブータン)

同じヒマラヤの国のブータンとネパールですが、共通点より違いの方が目立ちます。まず国の大きさはブータンが3.8万平方km, ネパールは14.7万平方kmとネパールがブータンの約4倍の広さです。人口にいたってはネパール2970万人、ブータン75万人と、約40倍の違いがあります。
かつては2国ともに王国でした。しかし、ネパールでは2008年に王政が廃止され、連邦民主共和国になりました。ブータンは王政が続いているので、ここも大きな違いです。
宗教はブータンはブータン仏教(チベット仏教)ですが、ネパールはヒンドゥー教なので全く違います。かつてはネパール政府はヒンドゥー教を国教にしていました。ネパールの町ではチベット仏教も混在していますが、メインはヒンドゥー教なのです。

ジョムソンから聖地ムクティナートへの道(ネパール)

ジョムソンから聖地ムクティナートへの道(ネパール)

一番大きな違いは外国人の観光に対しての政策です。ネパールは普通に大使館や空港でビザを取れば入国でき、国内を自由に回れますが、ブータンはそうでありません。政府が観光を直接管理していて、ホテル、食事、ガイド、車などがパッケージになっていて、1日あたりの公定料金が決まっているのです。こうしてブータンの現地旅行の手配を頼み、それが完了されてはじめてビザの申請ができるのです。ブータンは個人の自由旅行はできません。日本のブータンを取り扱っている旅行会社のツアーに参加するか、またはオーダーメイドのツアーを依頼するかのどちらかの選択となります。どちらにしろブータンの旅行はネパールに比べ、かなり割高となります。

山岳美対決 ブータン4.2点×ネパール5.0点(5点満点)

タサンビレッジからのダウラギリ峰の眺望(ネパール)

タサンビレッジからのダウラギリ峰の眺望(ネパール)

ヒマラヤの2つの国ですが、山岳美をより堪能できるのはネパールです。世界でベストの山岳風景といっても過言ではないでしょう。ネパールに行くならアンナプルナを眺望できる湖の町ポカラやエベレストの展望地ナガールコットへ行くのは定番ですが、できればもう少しヒマラヤに近づく旅をおすすめします。それにはトレッキングが一番です。トレッキングコースはエベレスト、アンナプルナ、ランタンいくつものエリアがあります。日帰りのミニハイキングから本格的なトレッキングまでいろいろなバリエーションがあるのもネパールの特徴です。最低でも1泊2日のダンプスへのハイキングに行きたいところです。また、歩けない人でもヒマラヤの絶景が楽しめる場所も数多くあります。その中のおすすめはジョムソンから3798mの聖地ムクティナートまでの車での道のりです。お手軽にヒマラヤの絶景を見るホテルとしては、ダウラギリ峰が目の前にあるナウリコットの「タサンビレッジ」やアンナプルナの展望が美しいアスタムにある「はなのいえ」などがおすすめです。

チョモラリ・トレック、トレッキング中の風景(ブータン)

チョモラリ・トレック、トレッキング中の風景(ブータン)

一方のブータンは8000m級の山はなく、最高で7000m級の山になります。ヒマラヤの国ではありますが、訪問する町や村からのヒマラヤはあまりにも遠く、展望を楽しむというレベルに達しません。この国でヒマラヤを楽しむにはトレッキングするしか方法がないです。トレッキングのコースは6泊7日のチョモラリ・トレックが代表的で、他のもいろいろなルートがあります。7000m級の山々の山岳展望を堪能できるまでは数日間歩かないといけません。歩かずに山の眺望を楽しむというのはブータンでは考えられません。すべてのトレッキングルートは地元民や遊牧民の生活道路です。ベルの音を響かせながらヤクが歩いて行ったり、荷馬のキャラバン隊に出会ったり、まるで自分が中世の旅人になったかのようなタイムスリップしたような風景を見るのも楽しみです。山岳美と言う点ではネパールに劣るかもしてませんが、違った意味で、ブータンのトレッキングも楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました