【こんな国あります!!世界の秘境】ギニア観光ガイド

コナクリの子供

コナクリの子供

シエラレオネと並び世界の最貧国にリストアップされる西アフリカのギニア。貧しいけれど人々は明るくエネルギッシュです。フランスの植民地として豊かに生きるより、貧しくとも自由に生きることを選び、ギニア人は1958年に一方的にフランスからの独立を宣言したのです。たくましく生き続けてきた人々の国ギニアとはどんな国なんでしょうか?2019年にギニアを旅したペンギン2号井原三津子がこの国の魅力に迫ります。

ギニアってどんな国?

マルシェで積み上げて売られるパーニュという布地

マルシェで積み上げて売られるパーニュという布地

どこからともなくジャンベと言うギニア発祥の太鼓の音色がリズミカルに響いています。バザールにはカラフルなパーニュと呼ばれる布地が積み上げて売られていて、その鮮やかな色の洪水に圧倒されるのです。この国を一言で表現するなら色彩と音楽の国でしょうか。
古くはマリ王国やガーナ王国の領土だったギニアですが、後1904年にフランスの植民地となりました。でも1958年に独立後は貧困への道をたどりました。インフラの整備も遅れ、軍によるクーデターもあり、幸せとは言えない歴史が続きました。
ホテルに泊まれば快適で、私たちは気付かないのですが、首都コナクリでさえ普通の家庭にはガスも電気も通っていなくて、電気だけは通っているという家庭でも停電するのは当たり前。プロパンガスも爆発することがあって危ないため使えなくて、炭火で料理するのも一般的といいます。

コナクリの人々

コナクリの人々

民族の言葉スス語と共にフランス語が話されています。イスラム教が主流なのでコナクリの町中にはグランモスクという5000人収容の巨大なイスラム寺院もあります。コナクリは海に面しているので、マルシェには漁師が水揚げしたばかりの新鮮な魚が並べられています。混沌としてごった返し、まさにパワフルなアフリカを絵に描いたような世界が広がっています。こちらもパワーを持って行かないと圧倒されてしまうほど。写真を撮りたくても嫌がられるので、ガイドさんに交渉して撮らせてもらいます。お金を要求した上、モスリムだから顔はダメという女性も多いようです。
この国の観光スポットは何でしょうか?答えは特になし、です。マルシェを散策したりスケールの大きなモスクを見学したり。そしてジャンベの演奏を聴くなど、ギニアならではの伝統文化に触れることがこの国での観光に他なりません。

ギニアの地図を作った日本人の話

マルシェで売られる野菜もカラフル

マルシェで売られる野菜もカラフル

ギニアは貧しくとも自由を選んでフランスから一方的に独立しました。それを怒ったフランスが、ギニアの町を破壊したり、重要書類を略奪したりしたのだそうです。その際に、なんとギニアの地図も持ち去られてしまったと言います。地図がないと国のインフラ整備は進まず、ますます不便で貧困になっていきました。
そんな中、日本の測量士たちが地図作りをかってでて、なんと4年もかけてギニアの地図を作ったのです。そのエピソードがかつてNHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX」で取り上げられました。

この子の未来のためにも役に立ったプロジェクト!

この子の未来のためにも役に立ったプロジェクト!

一部番組の解説文を引用します。あのプロジェクトⅩの音楽を思い浮かべて読んでみてください。きっとビデオを観たくなります。
♪♪♪・・・・灼熱の大地アフリカで、日本人測量士が壮大なプロジェクトに挑んだ。
「一国の地図をゼロから作る」。それは4年に及ぶ文字通り命を賭けた壮絶な戦いだった。
1977年、地球の裏側から救いの手が差し伸べられた。日本政府はODA(政府開発援助)としては異例の総額10億円の予算を提供。ギニアの国土基本図作成に乗り出す。ベテラン測量士・本島建三(当時・52歳)を筆頭に、日本全国から腕利き測量士が集められた。しかし、その作業は困難を極めた。過酷な自然環境。摂氏40度を越す熱風が測量隊を襲った。さらに、ギニア人との深刻な文化の違い。男たちは絶体絶命の窮地に立たされた。「ギニアを豊かにしたい」という思いを胸に、アフリカの大地と格闘し、やがて現地の人々と心を通わせ一国の地図を完成させた測量士たちの冒険と挑戦のドラマを描く。 ・・・・・後略

アフリカのスイスと呼ばれる場所もあって大自然も多い国

フレンドリーなマルシェの女性と

フレンドリーなマルシェの女性と

ギニアにも素晴らしい大自然があることは、コナクリだけ観光していてもわかりません。実は国の南東部にある標高1752ⅿのニンバ山は山腹は深い森に覆われ、チンパンジーも棲息し、世界中のチンパンジー研究者から注目されています。コナクリから東150㎞に位置するブライダルベール滝(花嫁のベール滝)は、約60mの長さの滝の水しぶきが花嫁衣装のベールのように美しいことから名付けられています。週末を大自然の中で過ごす外国人客でにぎわっています。滝から流れ出る水は綺麗な小川となって、その小川に沿って壮大な竹林を見ることもできます。

コナクリの漁港

コナクリの漁港

アフリカのスイスと呼ばれるエリアもあります。ギニア北東部に位置するフタジャロン山地です。世界でも有数の降雨地帯であり、その熱帯雨林は西アフリカの2つの大河・ニジェール川やセネガル川の水源ともなっています。豊かな大自然の中で伝統的なかやぶき屋根の家に暮らし、農業や牛飼いをしているフラニ族(フルベ族)の人々の暮らしを垣間見ることもできます。
ここでのハイキングはのどかで癒されるひとときです。こぶ牛を連れて牧畜を行うフラニ族に出会うのも楽しみです。
コナクリを離れて他の国との国境近くまで行く場合は、コロナ渦以前から外務省の危険度情報によって渡航が制限されていることが多いので、事前に注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました