【こんな国あります!!世界の秘境】セネガル アフリカ大陸最西端

ニャガプル村の村人(ピンクレイク近く)

ニャガプル村の村人(ピンクレイク近く)

セネガルはアフリカ大陸最西端の国。活気ある街並みと文化的な香りが漂う国でもあります。
知られざる見どころいっぱいのセネガルにはいくつもの世界遺産があります。その中でもフランス統治時代のコロニアルな街並みが印象的なサンルイと、負の遺産といわれる奴隷貿易の拠点であるゴレ島は必見。世界の絶景に数えられる不思議なピンク色の湖ピンクレイク(ラックローズ)も見逃せません。今回はペンギン2号がそんなセネガルの魅力をご紹介したいと思います。

セネガルってどんな国?

ダカールの砂絵のギャラリーで、この国の伝統芸術のひとつである砂絵作り体験

ダカールの砂絵のギャラリーで、この国の伝統芸術のひとつである砂絵作り体験

セネガルの歴史は、15世紀にポルトガル人がゴレ島に定住をし、その後オランダやフランスが奴隷貿易をしたことで知られています。1783年から独立する1960年までの長きに渡ってフランスの植民地時代が続いたのです。
14の種族からなるセネガル人の中で43%を占めるのがウォロフ族。よってウォロフ語が主要な言語です。種族間ではお互いの言語では言葉が通じないため、公用語のフランス語で会話するそうです。色が黒くて鼻が低いのがウォロフ族、背が高くて細いのがプラール族、小柄だが逞しくて強いジォラ族など、外観の特徴を見ても種族の違いが判るというのも面白いですね。種族間は皆仲がよく、異なる種族間の結婚も普通にするそうです。
宗教は共通しており、93%ほどがイスラム教です。

黒人人のほとんどがイスラム教徒なのでモスクが多い

黒人のほとんどがイスラム教徒なのでモスクが多い

セネガルの首都であり、パリ~ダカールラリーのゴール地点でも有名なダカール。セネガルの人口1630万人のうち106万人をかかえる西アフリカの玄関口でもあります。昔はただの漁村に過ぎませんでしたが、世界遺産に指定されているサンルイとの鉄道が開通されめざましい発展を遂げました。 アフリカの中でも比較的治安が安定してる首都です。西アフリカの中心的な近代国家なので、ダカールの若い女性などはお洒落でモダンな人も多いのです。イスラム教徒とは思えないほどタンクトップなどで肌を露出している女性が多いのも驚きです。
国の産業は1位が漁業で、2位が観光。ダカールの港には魚市場があって、毎朝採れたての魚が並び活気に満ちています。

テランガ(もてなし)の国セネガル

ダカールのクラフトマーケットにて

ダカールのクラフトマーケットにて

セネガルの人々はテランガというもてなしの心、精神を持っていると言われています。とりわけ田舎の村へ行くと、今なおテランガの精神を体験できるそうです。村の人々は旅人に会うと、どこから来たか?困っていることはないか?と必ず訊ねて、今からご飯を食べに来ませんか?と食事に誘い、食べ物や飲み物を提供してくれる人もいるのです。

セネガルのシーフードは新鮮で美味

セネガルのシーフードは新鮮で美味

食べ物を人と分け合うことや物を譲り合うこと、困っている人を助けることは当たり前とされている素晴らしい文化です!!旅人をもてなすことは都市部では少なくなったそうですが、今も西アフリカの中でセネガルだけが持つ文化であり、美しい習慣なのです。
セネガルでは家族や友人の会食では、料理はいつも大皿に盛られます。それを取り分けて皆で分け合って食べるという感覚が当たり前なのだそうです。

奴隷の家があった世界遺産の小島 ゴレ島

奴隷の家

奴隷の家

大西洋に浮かぶ小さな島「ゴレ島」。ダカールの沖合い約3kmに浮かぶ歴史ある島として世界遺産に指定されています。フェリーで約20分に位置し、オランダ海軍がこの島を“GOEDE REEDE”(良い停泊地)と名付け、それがゴレになったとされます。1848年の奴隷貿易が禁止されるまで、新大陸への奴隷積み出し港として発展しました。刑務所や奴隷の館が保存されており博物館になっています。かつてはいつも200人余りの奴隷が収容されていて、1535年から1848年までの300年に渡り合計2000万人もの黒人がここに集められ、アメリカやブラジル、キューバやマルティニークへ奴隷として送られました。そのうち600万人はこの収容所か輸送船の中で死んでしまったのです。
ローズピンクなど色鮮やかなスレイブハウスは、外見はきれいでもその中は地獄そのものだったのです。詳しい話を聞くにつけ暗い気分になりますが、アフリカの歴史に欠くことのできない史実として覚えておこうと思いました。

ゴレ島の町並

ゴレ島の町並

800mほどの長さを持つゴレ島に今は1200人ほどの人が暮らしています。こじんまりとした車の走らないコロニアルな街並みは、散歩するだけでもおすすめ。ダカールの喧騒に疲れたらこの小島でのんびりと、ゆっくりと流れる時を楽しむのも良いかもしれません。
観光地だけあって、海辺のシーフードの美味しいレストランもあり、小エビのガーリック炒めとか白身魚のブロシェットなどというシンプルながら抜群に美味しい新鮮なシーフードが楽しめるのです。
行きのフェリーで一緒だった地元の女子高生のグループは、おしゃれなファッションと髪型で陽気に笑い合っていました。ゴレ島のスレイブハウスを見学して、自分たちの祖先の不幸な過去の出来事を知ったらどんな気持ちになったのか、少し気になりました。

タイトルとURLをコピーしました