失敗しないチュニジアツアーの選び方 あなたはなんちゃって砂漠で満足できますか?

シディ・ブ・サイドの白い町並み

シディ・ブ・サイドの白い町並み

北アフリカの国、チュニジア、サハラ砂漠があり、多くの世界遺産の遺跡や町があり、地中海の美しい町がある魅力的な国です。しかし、ツアーで訪問するので、どんな基準でコース選びをしたらいいのでしょうか? ガイドブックを見ても観光地が羅列されているだけでよく分かりません。そこでチュニジア旅行のプロ、川崎が皆様に失敗しないチュニジアツアーの選び方を伝授したいと思います。ここがイイ。ここはイマイチ。というように、本音で観光地選びもします。ぜひ最後まで読んでくださいね。

なんちゃって砂漠で満足できますか??

サハラ砂漠のラクダ(ドゥーズ)

サハラ砂漠のラクダ(ドゥーズ)

チュニジアの観光の定番はサハラ砂漠まで行くパターンと、サハラ砂漠までは行かないパターンの2つの定番があります。ここでは、砂漠まで行くパターンのコースを紹介しますが、これのチョイスが意外と難しいのです。
チュニジアの砂漠はサハラ砂漠ですが、奥地にある砂漠や、テントロッジに泊まる秘境感溢れる砂漠から、町はずれにある砂漠、つまりなんちゃって砂漠までたくさんあります。なんちゃって砂漠は、片方は町のビルが立ち並び、片方は砂漠が広がるというような光景です。

なんちゃて砂漠でも写真に撮れば雰囲気のある写真に(ドゥーズ)

なんちゃて砂漠でも写真に撮れば雰囲気のある写真に(ドゥーズ)

しかし、写真に撮ると、なんちゃって砂漠も馬鹿にできません。砂漠方向に向かって写真を撮れば、まるで360度砂漠のような写真も撮れちゃうのです。
このなんちゃて砂漠の代表がドゥーズです。南部の観光地、ベルベル人の住居のあるマトマタから砂漠のオアシス・トズールに行く間にある町なので、周遊する場合に必ず通る町です。町外れにサハラ砂漠の砂丘があり、ラクダ乗りで砂漠を体験できます。秘境感はないけれど、それなりに楽しいですが、反対方向は町の景色です。
あなたは、そんな、なんちゃって砂漠で満足できますか?

本格的な砂漠ならクサール・ギレンへ

クサール・ギレンにて

クサール・ギレンにて

せっかくチュニジアまで来て、サハラ砂漠を体験したいのであれば、なんちゃて砂漠で満足するわけにはいきません。そこでおすすめなのが、クサール・ギレンです。先程のなんちゃての代表格ドゥーズから約138km, 車で2時間ほど行くことになります。ここは美しい風紋が果てしなく広がる砂丘があります。朝陽と夕陽に真っ赤に染まり、まさにサハラ砂漠のイメージどおりの光景を見せてくれるのです。チュニジアで砂漠を極めたければ、このクサールギレンまで足を延ばしたいもの。しかも砂漠の真っ只中に1泊して、満天の星空を眺める一夜の体験は一生の思い出になるはずです。

クサール・ギレンの夕日

クサール・ギレンの夕日

宿泊はデラックスで快適なテントロッジ「ヤディス・クサール・ギレン」。テントロッジといってもエアコン完備、ホットシャワーの出るバスルームも付いたお洒落で設備の整ったデラックスなホテルです。大きなプールもあり、リゾートライフも楽しめます。石造りのパノラマ展望台に上って見る朝陽や夕陽に輝く砂漠の風景は感動的なものです。
つまり、チュニジアのサハラ砂漠ツアーはこのクサール・ギレンが入っているかどうかを見極めないといけないのです。

山岳オアシス・タメルザ峡谷周辺も必見

ミディスの断崖(タメルザ峡谷)

ミディスの断崖(タメルザ峡谷)

アルジェリアの国境近く、シェビカ、タメルザ、ミデスという3つの村が中心となっているタメルザ峡谷は、チュニジア随一の美しい景観を誇るエリアです。1997年の映画「イングリッシュペイシェント」の撮影地になったことで一躍注目を集めました。荒涼たる大地の中、幾重もの地層がダイナミックな一大パノラマが感動的なシェビカ、ヤシグランド・カスカード(滝)と、廃墟の村が美しいタメルザ、足がすくむような渓谷美のミデスと、どこも個性的なたたずまいを見せています。

山岳オアシスの村シェビカ(タメルザ峡谷)

山岳オアシスの村シェビカ(タメルザ峡谷)

砂漠オング・エル・ジャメルには、巨大なラクダの形の岩があり、広々とした砂漠の中に今も映画「スター・ウォーズ」のセットが残されているのがユニークな観光名所となっています。映画ファンならずとも訪れてみたい魅惑のスポットです。先程のクサールギレンとともにチュニジア砂漠ツアーでは訪問したい重要な場所です。これらを周遊するモデルルートは次のようになります。
★日本→機中泊→チュニス1泊→ケロアン→トズール2泊(タメルザ峡谷、オング・エル・ジャメルの砂漠観光)→ドゥーズ→クサール・ギレン1泊→マトマタ→エル・ジェム→スース→チュニス1泊(シディ・ブ・サイドとカルタゴ遺跡観光)→機中泊→日本

タイトルとURLをコピーしました