【こんな国あります!!世界の秘境】アンゴラ キーワードは 「パイオニアの旅」辺境中の辺境の国へ

カランドゥーラの滝はビクトリア滝に次いでアフリカ第2の滝

カランドゥーラの滝はビクトリア滝に次いでアフリカ第2の滝

アフリカ南西部、ナミビアの北に位置するアンゴラ。アンゴラという国名を聞いてもヨーロッパのアンドラと間違う人も多いでしょう。少しアフリカに詳しい人でもアンゴラって内戦してなかった?という始末。内戦は2002年には終わっていますよ。現在は石油やダイヤモンドの資源のお陰でめざましい経済発展を遂げつつある国なのです。首都はルアンダ。これまた別の国のルワンダと間違えそうですね。今や港に面して高層ビルも立ち並ぶ近代都市です。ポルトガルの植民地時代の名残でポルトガル語が話されるこの国には、砂漠や山岳地帯、サバンナと自然が広がり、予想以上に見所が豊富なのです。アンゴラは本当に辺境中の辺境なんでしょうか?

アンゴラってどんな国?

ペドラス・ネグラスの一部を遠目に見る。女性は皆、頭に荷物を載せて運んでいる

ペドラス・ネグラスの一部を遠目に見る。女性は皆、頭に荷物を載せて運んでいる

アンゴラへ行くと言うと、皆にどんな国?何があるの?内戦は大丈夫?と聞かれました。ナミビアの北にあるから南部アフリカのエリアに位置するかと思っていたけれど、地図を見るとタンザニアのダルエスサラームと緯度がほとんど変わらないし、北にはコンゴ民主共和国があるし、南アフリカのヨハネスブルクからのフライトが4時間もかかるので、むしろ中央アフリカに近いことがわかりました。
行くまではアンゴラはハードルの高い国かと思っていた私。物価も世界一高いと言うし、ビザを取るのも大変だし、その割に見所がない国という噂をよく聞いていましたから。
ところが実際この目でアンゴラと言う国を見て来た感想は、ユニークで面白い国、アフリカのどこの国とも違う、行けば自分がパイオニアになった気分に浸れる国。それがアンゴラでした。

ビーズの三つ編みも様になる

ビーズの三つ編みも様になる

アンゴラはポルトガルから1975年に独立。遅い独立の後、不幸なことに27年にも及ぶ内戦が続いたせいで国土が荒廃したのです。でも2002年の内戦終息後、ダイヤモンドや石油の資源のお陰で発展を遂げて現代に至る、そうした歴史があります。
辺境感漂うイメージの国ですが、実は観光はそれほどハードではありません。国内の見所を駆け回るのにはトヨタのランドクルーザーが活躍しますが、舗装された1本道を時速100㎞で走り抜けると、赤土の大地には何千何万本ものバオバブの木々が群生しているのが見えるのです。マダガスカルにあるようなきれいなバオバブではなく、太いのや細いのや大きいのやら小さいのやらゴチャゴチャしながらも、それぞれが形を誇示するみたいにニョキニョキと地面から生えているのです。迫力溢れる風景です。
毎日380㎞とか450㎞とか修行僧のような移動をするのですが、それもまた楽しいものです。国立公園でサファリを楽しんだり、その時泊まる川沿いのロッジの居心地の良さや心尽くしの食事の美味しさに驚いたり。
この国の見所のハイライトと言えばカランドゥーラの滝でしょう。アンゴラの人たちはビクトリア滝と勝手に競っているようでしたが、実は比較にならないくらいのスケールの(小さめの)滝でした。でも予想以上にいろんな見どころがあることを知った自分がやはりパイオニアになれたような、嬉しい気分に浸れたのは事実です。

アンゴラ独立戦争、内戦から現代まで。幸せとは言えなかったアンゴラの歴史

戦車が放置され、内戦の傷跡も見られる。ヌダラタンド近郊にて

戦車が放置され、内戦の傷跡も見られる。ヌダラタンド近郊にて

アンゴラは16世紀からの長い年月ずっとポルトガルの植民地下にあった国でした。首都のルアンダは1575年にポルトガルによって建設された港町でした。かつてはたくさんのアンゴラ人が奴隷としてアメリカ大陸へ送られていたそうです。ところがアンゴラの経済が成長した今では、皮肉なことにポルトガル人の多くがアンゴラに出稼ぎに来ているそうですから、時代の移り変わりに驚きます。
植民地時代に終わりを告げたのがアンゴラ独立戦争(1961年~1974年)でした。その後1975年にアンゴラが独立。しかしながらすぐに内戦が勃発。アンゴラ内戦は1975年から2002年まで続いたのです。当時のソビエト連邦、キューバ、南西アフリカ人民機構などの支援を受けたMPLAと、アメリカ、南アフリカ、ザイール、中華人民共和国の支援を受けたUNITA、FNLAによる内戦で、典型的な米ソ代理戦争だったため、内戦は長期化したのです。

小さいのにお洒落な女の子も

小さいのにお洒落な女の子も

2002年に内戦は終わりをつげたものの、当時の国土は荒廃していたそうです。その後の経済成長は、すべて石油が採れたことと、ダイヤモンドが採掘されたことによるのです。とりわけオイルのパワーはすごい!!国民の給料も上がり、それと並行して物価も上がり続け、今やルアンダの物価は世界一高いとも言われています。
私も旅行中ルアンダのホテルで食事したところ、ビュッフェのディナーが日本円にして6000円ほど、ビールは600円、ミネラルウォーター2リットル700円、まずいティーバッグの紅茶が450円など、腹立たしいほどの高さだった気がします。でも海に面したルアンダの街には、中国資本のビルやショッピングモールにホテルが建ち並び、アフリカのどの都市とも異なるおしゃれでモダンな街になっていたのです。
危ない国と言うイメージのアンゴラですが、今は平和でアフリカの他の大都市(ヨハネスブルク、ナイロビ、キンシャサなど)に比べると、それほど危険ではないのが現状です。

アンゴラのあれこれ情報 言葉は?宗教は?食事は?

田舎の教会にいた女性。こうしたカラフルな布を纏っている女性は一般的

田舎の教会にいた女性。こうしたカラフルな布を纏っている女性は一般的

ポルトガル領時代が長かったので、公用語は今なおポルトガル語。英語は通じにくく、ホテルでも片言の英語しか通じないスタッフが多いのです。同じポルトガル語の国でも、ブラジルはホテルでは英語が通じるので、その辺りも辺境の国のイメージ通り。
これもポルトガルの影響で、宗教は95%がカトリック。教会は国中にあります。
人口は3081万 (2018年)。人口の多くは貧困で、少数が富裕層。中間層はないそう。ちなみに失業率は20%ほどだそうです。石油の恩恵は一部の富裕層に入り、貧富の差は大きいのです。

田舎のホテルでよくあるビュッフェディナーはこんな感じ

田舎のホテルでよくあるビュッフェディナーはこんな感じ

食事はポルトガルの影響で西欧スタイルが一般的。朝はパンとコーヒー、紅茶、チーズやハム、卵料理など。ランチが主となる食事で、ディナーは軽めなのが国民のスタイルです。観光客向きにはスープとメインディッシュ。スープには野菜やパスタ、ソーセージなどが入っているものが多いです。メインは肉料理か魚料理。ホテルではビュッフェも一般的です。
キャッサバやトウモロコシの粉から作るねっとりした練り粥のような「フンジ」は主食としてトマトベースのソースなどをかけて食べるのもポピュラー。ローカルフードは他にも「ルアンバ」という、チキン、ピーナッツ、オクラなどをパームオイルで煮たシチューもありました。
水はペットボトル入りがどこでも手に入ります。ローカルビールは5種類ほど。ワインも南アフリカやポルトガル、チリなどから輸入されていてどこでも飲めます。コーヒーはエスプレッソやカプチーノもあって美味しいです。

タイトルとURLをコピーしました