【こんな国あります!!世界の秘境】コートジボワール かつての象牙海岸に 抱いていた私の妄想とは?

グランバッサムの歴史的建築は世界遺産に指定されている

グランバッサムの歴史的建築は世界遺産に指定されている

象牙海岸・・・勝手な妄想で旅情が掻き立てられていたのは、私ことペンギン2号。コートジボワールとは COTE D’IVOIRE フランス語で象牙海岸のこと。西アフリカの大西洋に面したこの国は、かつて象牙を積みだしていた港があったことからこの名が付きました。日本では昔はこの国を象牙海岸共和国と呼んでいたこともあるのです。
私は子供のころから、象牙海岸という名前を聞いて勝手にイメージを膨らませていました。アフリカの荒波打ち寄せる海岸。近くのジャングルにはたくさんの象がいて、カラフルなターバンを巻いた黒人奴隷が象に乗せて運んできた象牙を船に積み込んでいるシーン。妄想は私の旅情を掻き立てたものです。
そんな世界が現代において実際にあるとは期待しないまでも、やはり初めてコートジボワールを訪れるとなった時はかなり浮足立っていました。果たしてどんな国なんだろう?

コートジボワールってどんな国?

アビジャンのセントポール大聖堂のステンドグラス

アビジャンのセントポール大聖堂のステンドグラス

西アフリカのギニア湾に面し、ほぼ正方形に近い形の国土を持つコートジボワール。東はガーナ、北はマリとブルキナファソ、西はギニアとリベリアと言う風に、たくさんの国と国境を接しています。面積は32.2平方キロ。南部は熱帯雨林で、北部はサバンナの草原が広がっています。中心都市は南東部に位置する海に面した大都会アビジャンですが、首都は現在は内陸部のヤムスクロです。

アビジャンのマーケットにいたお兄ちゃん

アビジャンのマーケットにいたお兄ちゃん

アビジャン近郊にある歴史地区が世界遺産のグランバッサムです。この国に4つある世界遺産のうちのひとつで、コートジボワールに行くなら外せない見どころです。アビジャン滞在中に日帰りで観光できる距離にあります。歴史地区の荒れ果てた様子には絶句してしまいますが、残酷なまでの時の流れを目の当たりにできるはず。観光の後は美しいビーチ沿いのレストランでランチを食べるのがお薦めです。
アビジャンの街ではグランドモスクも必見ながら、もっとも目を引くのはユニークな外観のセントポール大聖堂です。内部のステンドグラスを見て、私はかねてから妄想していたコートジボワールの古き良き時代を目の前にすることができたのです。

コートジボワールの内戦を止めた男、サッカー選手ドログバとは?

グランバッサムの博物館の展示物

グランバッサムの博物館の展示物

1960年フランスから独立したコートジボワール。その後33年間この国を統治したのは、「建国の父」である初代大統領のフェリックス・ウフェ・ボワニです。西側の資本を積極的に導入する大統領の政策は繁栄をもたらし、経済はぐんぐん成長を遂げたのです。アビジャンはガラス張りの高層ビルの立ち並ぶ巨大都市に変貌しました。その成長ぶりは「象牙の奇跡」と世界でも称賛されたほどでした。ところが今世紀になって状況は一転します。

 

アビジャンの博物館の女性と

アビジャンの博物館の女性と

2002年、政治家や軍部の権力争いから内戦が起こりました。南部の住民は、北部の住民が真の国民でないと主張し、南北分断の思想をまき散らしたのです。そこで南部出身者だったサッカー代表選手のドログバは、荒れた国を見て、国民にこう呼びかけました。「・・・・この偉大な国がいつまでも混乱し続けるわけにはいきません。武器を置いて選挙をしてください・・・・」その後1週間で戦闘は止み、5年も続いた内戦が終わったのです。
当時、ドログバは大統領より強く、尊敬すべき人物と言われたのです。
その後はドログバは代表選手としてワールドカップでも活躍し続けました。後に2014年にはコートジボワールは日本とも対戦。彼が活躍するコートジボワールのチームに日本は残念ながら負けてしまいました。そのゲームでドログバ選手を見たサッカーファンも多かったのではないでしょうか?

コートジボワールのいろいろ、言語、宗教、通貨、食事など

アビジャンのマーケットでは色とりどりの野菜も売られている

アビジャンのマーケットでは色とりどりの野菜も売られている

コートジボワールはフランスの植民地時代の名残で、公用語はフランス語。しかしながら、63の民族がそれぞれ独自の言葉を持っているというのも驚きです。またこの国の宗教は60%がイスラム教で35%がキリスト教。アビジャンでは、モスクよりむしろユニークで大きな教会が目を引きました。
通貨はセーファーフラン。セネガルやマリなどと共に西アフリカの8つの国々で共通の通貨です。よってセーファーフランを使う国々を周遊する場合両替は1回で済むわけです。
この国の主要産業は80%農業で、カカオの生産はガーナでなく、なんとコートジボワールが世界一だったと初めて知りました。ほかにもパームオイル、バナナ、パイナップル、カシューナッツ、綿、サトウキビ、アボカド、オレンジなどは主要生産物。パイナップルやバナナは年中いつでもあって、5-7月の大雨季や10-11月の小雨季にはマンゴやパパイヤがよく採れます。海辺の国なのでフィッシュマーケットも多いようです。

グランバッサムのリゾートホテルASSOYAM HOTELのランチで出たアボカドシュリンプは絶品

グランバッサムのリゾートホテルASSOYAM HOTELのランチで出たアボカドシュリンプは絶品

心配していた治安に関しては、近隣の国々、マリやブルキナファソに比べればやや安全だとのこと。アビジャンの町はエリアによって治安が異なるので、注意が必要です。現地のガイドさんの指示に従って行動するのが得策です。
国民食「アチェケ」はキャッサバ(タピオカの原料でもある芋)を発酵させ、すりつぶした主食で、「ケジェヌ」と呼ばれるチキンやトマト、ピーマンなどのシチューと一緒に食べるのが一般的です。外人観光客がアビジャンのホテルで食べる食事は欧米風で、大体何でもあるので、食事に困ることはありません。高級ホテルでの食事などはかなり値段が高く、物価の高さを感じます。

タイトルとURLをコピーしました