【こんな国あります!!世界の秘境】ガーナ チョコレートの国・野口英世・奴隷貿易の歴史を持つ国

クマシの近郊で出会った物売りの女性たち

クマシの近郊で出会った物売りの女性たち

ガーナと聞いて誰もが思い出すのはチョコレート?そう、ガーナはカカオの名産国です。でもそれ以外で有名なことはある?はい、野口英世が黄熱病の研究をした国です。そのあたりまで知っていればまだいい方でしょう。首都アクラには野口英世記念館があるのです。
ガーナは西アフリカに位置し、かつてオランダやイギリスの植民地として、奴隷貿易の中心地となりました。その名残は奴隷積出港の跡が各地に残っていて世界遺産にも指定されています。またエネルギッシュな市場なども見どころです。2019年に西アフリカ6か国を周遊したペンギン2号こと井原三津子がそんなガーナの魅力に迫ります。

ガーナってどんな国?

首都アクラの混沌とした市場

首都アクラの混沌とした市場

西アフリカでギニア湾に面したガーナは、東西にトーゴやコートジボワールと国境を接した国です。日本の約3分の2ほどの大きさで、西アフリカの中では治安がいい国と言われていて、観光するにも安心感があります。
首都アクラは海岸沿いに面した町で、魚市場など活気に満ち溢れた、アフリカらしい混沌とした世界が広がっています。野口英世の記念館があって、日本人が訪れると感慨深い展示品が並んでいます。

世界遺産のエルミナ城

世界遺産のエルミナ城

海岸線に面して、いくつもの城塞や奴隷積出港の跡が残されていますが、世界遺産に指定された奴隷貿易の遺産と言われるケープコースト城やエルミナ城は必見です。アクラから日帰りでの見学も可能。
また謎めいたアシャンティ王国の謎を見つけに、ガーナ中部に位置する第2の都市クマシを訪れたいものです。独特の建築物群が世界遺産に指定されています。
ガーナでは町を行く女性たちは皆カラフルなワンピースやサロンを身に付けて、黒い肌にとても似合っています。市場ではかなり冷たい仕打ちを受けるのですが、それもまたディープな西アフリカの国ならでは。他の国々では体験できない本物のアフリカの世界を垣間見ることができるのです。

ガーナへの行き方

ジェームズタウンの灯台にて。この後、チップの額で揉めた。写真を撮るのはいつもややこしい

ジェームズタウンの灯台にて。この後、チップの額で揉めた。写真を撮るのはいつもややこしい

日本からガーナの玄関口である首都のアクラまでの直行便はありません。エチオピア航空のアジスアベバ経由便や、カタール航空のドーハ経由便。ターキッシュエアラインズのイスタンブール経由便、エミレーツ航空のドバイ経由便などのフライトを利用するのが一般的です。例えばターキッシュエアラインズだと、羽田からイスタンブールまで直行で約12時間半。そこからアクラまでは直行で7時間ほどかかります。西アフリカは意外に遠いですね。辺境の国というイメージにぴったりのアクセスです。

地方都市にも快適なホテルがある。これはゴールデンチューリップ・クマシの部屋の一例

地方都市にも快適なホテルがある。これはゴールデンチューリップ・クマシの部屋の一例

ガーナはビザの取得のほかに、日本で事前に準備することがあります。ひとつはイエローカードの取得。黄熱病の予防接種のことで、入国時に一番にチェックされます。予防接種は一度受ければ、現在は一生涯有効になっています。
もう一つはマラリア予防薬の購入です。向こうに着いたらすぐに服用を開始するので、事前に日本で購入が必要です。
現地に着いたら機内で配られる入国カードに必要事項を英語で記入の上、イミグレーションで提示します。その際、アメリカのように顔写真撮影と指紋も採られるようになりました。

ガーナへのツアー

日本に住んでたこともあり日本語ペラペラの優秀なガイドさん。日本のテレビにも時々出演

日本に住んでたこともあり日本語ペラペラの優秀なガイドさん。日本のテレビにも時々出演

ガーナなどの西アフリカへのツアーは、単独の1か国だけのツアーはほとんどなく、通常は団体旅行で周辺の国々も一緒に廻るものが主流です。数か国廻ると、日数の関係であくせくした旅行になりがちですね。本当に行きたい国をチョイスして、ガーナと組み合わせてじっくり見に行きたいなら、団体ではなく個人旅行を扱っている旅行社に相談するのが得策です。

アクラの棺桶工場は観光名所。生前の職業にちなんだ棺桶を依頼するというのがびっくり

アクラの棺桶工場は観光名所。生前の職業にちなんだ棺桶を依頼するというのがびっくり

現地に詳しい旅行会社で、渡航経験のあるスタッフがいるところなら安心して任せられます。希望の日数と行ってみたい国々を言えば、ベースになるツアーを紹介してくれたり、希望に応じてベースになるツアーを自由にアレンジして手配してくれます。こうした未知なる国への旅は、やはり現地の生の情報を持っているかどうかがカギとなるので、そのあたりを見逃さないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました