【こんな国あります!!世界の秘境】アルジェリア 砂漠も遺跡も不思議な町も!何でもある!

ジェミラ遺跡の南北を貫くカルド

ジェミラ遺跡の南北を貫くカルド

アルジェリアはアフリカで最大の面積を持つ広大な国です。その面積は日本の約6倍。人口は4200万人余りです。北アフリカのモロッコ、チュニジアとアルジェリアの3国がマグレブ3国と呼ばれ、アフリカにあって他の文化圏と異なるアラビア語の世界。モロッコやチュニジアと比べると、まだまだ観光地化していない素朴なお国柄。フランスの植民地時代の名残からフランス語はよく通じるものの、英語はほとんど通じないのも辺境感を味わえる要因。砂漠やカスバや遺跡など、ダイナミックで印象的な見どころが多く存在するアルジェリア。今回はそんなアルジェリアの不思議な魅力に迫るべく、ペンギン2号こと井原三津子が自身で旅した体験に基づいてご紹介いたします。

アルジェリアってどんな国?

アルジェのノートルダム寺院

アルジェのノートルダム寺院

アルジェリアは広大な国土の大半にサハラ砂漠が広がり、北部には素晴らしい遺跡が存在しています。そして絶対に忘れてはならないのが、砂漠の中の涸れ谷に忽然と現れる不思議な町ガルダイアです。フランスの建築家ル・コルビュジエがインスピレーションを受けたとされるガルダイアにある「ムザブの谷」は、世界でも屈指の魅惑的な建造群と言えるでしょう。私自身、アルジェリアで最も感動した場所がこのガルダイアに他なりません。
イタリア本土より地中海を渡ったアフリカにローマ時代の遺跡が多くあるといわれますが、ここアルジェリアにも必見のティムガット遺跡やティパサ遺跡、ジェミラ遺跡などが存在しています。
その壮大さに圧倒され、はるばるアルジェリアを訪れてよかったとつくづく思うのです。

アルジェリア名物クスクス

アルジェリア名物クスクス

首都のアルジェは「北アフリカのパリ」と称えられるように、フランス風の近代的な建物も多い中、それ以前のオスマントルコ時代の白亜の建物とバランスよく配置され、その地中海の青さと相まって街を歩いているだけでため息のでるほどの美しい景観の連続です。そんな中映画の舞台ともなったカスバを散策し、情緒溢れる町並みを満喫したいもの。アラブの世界を思わせるカスバの存在こそ、アルジェリアらしいと言えるのです。カスバの中は治安が悪いのでガードマンとガイドさん同行で観光しました。
アルジェリア第3の都市、コンスタンティーヌは深い谷に囲まれた中世の街並みで知られる街。深く切り立った峡谷にいくつも架けられた巨大な橋越しにみるコンスタンティーヌの町は他に類をみないユニークな地形が広がっています。

アルジェリアへの行き方

トレッキングガイドとコック (タッシリナジェール)

トレッキングガイドとコック (タッシリナジェール)

アルジェリアへの旅の玄関口は首都アルジェの空港です。日本からの直行便はないですが、たくさんの航空会社がアルジェ行きのフライトを就航しています。例えばカタール航空の羽田または成田からドーハ経由のフライト。日本からドーハへは直行で所要約12時間半。ドーハーからアルジェ間は直行で6時間45分。他にもドバイ経由のエミレーツ航空が成田発着便を就航しています。ターキッシュエアラインズはイスタンブール経由便です。他にもエールフランスなど欧州系のフライトもあります。

タッシリ・ナジェール(サハラ砂漠)のトレッキング中の風景

タッシリ・ナジェール(サハラ砂漠)のトレッキング中の風景

アルジェリアへ行くためにはビザに取得が必要です。個人申請はできないので、ツアーを依頼した旅行会社に依頼することになります。ビザはいつも出発間際にならないと受領できないため、いくら早くから申請しても、その間がパスポートを預けておくことになるので要注意。
入国時には入国カードの記入が必要です。機内で配られたらそれに必要事項を記入しますが、アラビア語とフランス語の表記のみなので注意が必要です。

アルジェリアへのツアー

魚のグリルの盛り合わせ

魚のグリルの盛り合わせ

アルジェリアと言う特殊な国へのツアーは、一般的には団体旅行が主流でしょう。ただし治安などを心配して申込みをするお客さんが少なくツアーが催行しないケースも多いかと思います。また自分の希望にぴったり合った内容と出発日のツアーはなかなか探してもないので、できれば最初から個人手配のツアーを探すのがお薦めとなります。一人から催行するツアーだったら、出発日も飛行機が空いていれば希望通りの出発日で問題なく催行します。ただしかなり奥地を周遊するプランだと、車やガイド代を一人で払うこととなり、一人参加代が高くつくので、予算はある程度の覚悟が必要です。

アルジェ近郊、ティパサ遺跡に近いシーフードの美味しい レストラン

アルジェ近郊、ティパサ遺跡に近いシーフードの美味しい レストラン

またベースとなるシンプルなツアーをアレンジして自分の一番行きたいツアーに組み替えてもらったりも可能です。現地事情に詳しく、実際にアルジェリアへ渡航経験のあるスタッフがいて、個人ベースのツアーを催行している会社を選ぶことが何より大切なのです。実際に見てきて生の情報を教えてもらえるのは、こうした情報のない辺境の国へ行く際に強い味方となってくれるからです。

タイトルとURLをコピーしました