観光地じゃない、真のアフリカ。トーゴ、ベナン、ガーナで好奇心が大爆発!

”

ガーナの女性たちからスマイル頂きました!地元の人々とのやりとりも旅の醍醐味。

ディープなアフリカを体験するならトーゴ・ベナン・ガーナを周遊するのが俄然オススメ。アフリカと言えば動物サファリや北アフリカを巡るツアーが定番ですが、今回ご紹介する西アフリカのギニア湾沿い3国では人々の生活に触れる事ができ、アフリカ本来の姿を見る事ができます。一歩足を踏み入れれば、動物の骨が並ぶ呪術マーケット、湖の上で暮らす人々、見たこともないような形の家屋。これぞ真のアフリカです。現在は治安も比較的安定しており、なおかつまだまだ旅行者も少なく、観光地化していない…、いつ行くの?今でしょ!底なし沼の魅力を前に好奇心もアドレナリンも止まりません!

野口英世研究所(ガーナ・アクラ)

”

野口さんとご対面。コルレブ病院にある野口英世記念館の日本庭園にて。

ガーナのアクラには日本の偉人・野口英世が晩年黄熱病の研究を行った研究所跡があります。コルレブ病院の一部を研究所として使用していましたが、実際に使用した顕微鏡や当時の写真など、その当時、英世がどのような事をしていたのか分かる展示がされています。この研究所は今でも学生たちが使用しています。

”

野口英世が実際に使った顕微鏡。歴史の重みも相まって、ずっしり重そう。

研究所跡には野口英世の手紙や写真、新聞などが展示され、壁には「忍耐」という直筆の書も飾られています。展示物の中には黄熱病罹患後の英世の体温の計測記録も残っており、高熱にうなされながら何を思ったのだろうと考えてしまいます。また荒れてはいますが、研究所のそばには日本庭園もあり英世の銅像を見る事ができます。

世界遺産エルミナ城(ガーナ・エルミナ)

”

世界遺産エルミナ城は、人類の歴史の闇をずっと眺め続けていたのです。

世界遺産エルミナ城は1482年にポルトガル人によって築かれた城塞で、金や奴隷の貿易の拠点として使われました。以来、このあたりのギニア湾海岸線は”奴隷海岸”と呼ばれるようになります。なんとも恐ろしい名前です。17世紀にはオランダ人が占領し、その後1871年には大英帝国が占領。大英帝国が奴隷貿易を中止するまで大西洋奴隷貿易の主要交易地としてこのエルミナ城は使われました。

”

ケープ・コースト・キャッスル。

城は大きく手を加えられることもなく、当時使われた要塞がそのまま残されています。中には奴隷を入れておく部屋や船を積むための要塞からの出口など見学する事ができ、その当時の雰囲気を知る事ができます。教科書に書いてあった奴隷海岸に今自分が立っていると思うと、なんだか感慨深いものがあります。

クマシ(ガーナ・クマシ)

”

クマシ王宮博物館。

クマシはガーナ第2の都市で、17世紀末から19世紀までアシャンティ王国の首都であった街です。アシャンティ王国はガーナ独立後の今もガーナ共和国政府が認める正式な立憲君主制王国としてガーナ共和国内に存在しています。このアシャンティ王国の伝統的建築物群は1980年に文化遺産として世界遺産に登録されています。

”

世界遺産アシャンティの伝統的建築物群。

アシャンティ王国の伝統的建築物群として、10軒の神殿を含む13の建造物群が1980年に世界遺産に登録されています。多くの建物が20世紀以降に再建されたもので、現存するのは神殿建築がほとんどです。基本構造は中庭を取り囲むように建てられています。建材には泥やヤシの葉が用いられており、これらの建材や建築法は、通風性にも優れた構造になっています。

タイトルとURLをコピーしました