大自然と野生動物の宝庫タンザニア 魅惑のスポット ベスト10  その1

ザンジバル島北部の美しいビーチ

タンザニアは世界で指折りの大自然と野生動物の宝庫。世界自然遺産に指定されたダイナミックなクレーターのあるンゴロンゴロ動物保護区と広大なサバンナのセレンゲティ国立公園。そして今注目の美しいリゾートアイランド・ザンジバル島。でもタンザニアの魅力はこれだけではありません。ヌーの大群を見学できるンドゥトゥ保護区、バオバブと象の王国タランギレ国立公園、知られざる穴場的存在カタヴィ国立公園などなど。アフリカ各地を巡り巡ったペンギン案内人2号がこだわりのタンザニア厳選ベスト10をその1 その2にわけてご紹介します。

ンゴロンゴロ動物保護区ー巨大な火山のクレーターでサファリ

生まれて間もない赤ちゃん象とお母さん

南北16km、東西19km、深さ600mもの巨大なクレーター。すり鉢状のクレーターの底はなんと野生動物の宝庫なのです。世界自然遺産にも指定されているダイナミックなクレーターの大自然の中、ワイルドにサファリカーで動物を探す楽しみはここだけのもの。ランチボックスを持参して、1日中サファリ三昧です。クレーターの中にある湖の畔で屋外ランチタイムも至福のひととき。

クレーターの底でサファリの合間のピクニックランチもまた楽しみ

クレーター上部の火口縁に立つサファリロッジに滞在すれば、クレーターの全景を見下ろせて、ンゴロンゴロならではのユニークな自然美を満喫できます。中でも私の一押しは「ンゴロンゴロクレーターロッジ」。雄大な眺めはもちろん、センスの良いインテリア、美味しい料理、専属バトラーの至れり尽くせりのサービス付サファリロッジなのです。まるでイギリスからサファリ旅行にやって来た貴族のお姫様みたいな気分が味わえるとっておきの時間です。

セレンゲティ国立公園ーどこまでも続く広大なサバンナ

広大なサバンナに群れをなすシマウマ

面積約1万4763㎢もの壮大なサバンナがあるのは、タンザニアでもう一つの世界自然遺産のセレンゲッティ国立公園です。東京、千葉、埼玉、神奈川が全てすっぽり入ってしまう広さで、どこまでもどこまでも続く大草原。これは国境を接するケニアのマサイマラ動物保護区と同じサバンナを共有しています。

セレンゲッティ北東部のササクワエリアで見つけた木の上のチーター

移動性の動物であるヌーや一部のシマウマなどは、国境を越え川渡りもしてマサイマラからセレンゲッティ、ンゴロンゴロへと移動しているのです。推定300万頭もの動物が棲むというセレンゲッティ。ライオン、チーター、サイ、ヒョウ、ゾウ、ハイエナ、カバなどなどサファリで見てみたい動物に出会える確率も高いのです。とにかく広いセレンゲッティ国立公園。年間を通していつどのエリアに動物が多いのか、事前にプロに相談してから行くのが賢明です。

カタヴィ国立公園ー手つかずの穴場で驚きのサファリが待っている

ロッジでランチを食べていると横を象が通りかかった!

タンザニア南西部に位置するカタヴィ国立公園。国内で3番目に大きい国立公園ですが、ここがあまり知られていないのはそのアクセスの悪さによるのです。国内線のフライトはアルーシャから出発し途中何度も止まりながら4時間以上かけてカタヴィへ到着します。はるばるやって来たー!という感じです。

カバがこれほど大群で見られるところはめったにない

でもサファリをしてみたら、はるばる来てよかったと心から思うのです。訪れる観光客が少ないせいで、サファリカーにもほとんど出会うことなく、ライオンやヒョウなどの大物が現れてもほとんど独占状態なのです。しかも毎回サファリで出会う動物はピッチャーゴロやヒットを通り越してすべてホームランという素晴らしさ。カタヴィの特徴はカバが多いこと。他では水の中にいるカバしか見られないことが多いのですが、ここでは地上を歩き回るカバもいっぱい。
私が泊まったのは「CHADA KATAVI」。ナチュラルでも居心地よく、洗練されたサファリロッジで、ヘルシーで美味しい料理も最高でした。

タランギレ国立公園ーバオバブと象の王国

ユーフォルビア・インゲンスとシマウマの絵になるコラボ

バオバブの並木道はマダガスカルが本場ですが、ここタンザニアのタランギレ国立公園でもバオバブの木を見ることができます。こちらのバオバブはマダガスカルのようなツルっと美しい幹ではなく、もっとワイルドで幹は太くデコボコしています。その理由は象が好んでバオバブの皮を剥ぐからです。不思議な形のバオバブが群生している風景はタランギレならではなのです。

タランギレツリートップスはバオバブの木の上に部屋があるユニークなホテル

タランギレ国立公園はンゴロンゴロやセレンゲッティのようにメジャーではないものの、ンゴロンゴロからアルーシャへ戻る道中に1泊して、サファリを楽しむのがお薦めです。ゾウが多い国立公園なので、運が良ければバオバブの木と象の群れといった最高のシャッターチャンスに出会えるかも。またタランギレリバーの畔には、乾季に多くの動物が水を飲みに集まってくるので、その時期も狙い目です。
一押しホテルはバオバブの木と一体化したとてもユニークなロッジ・タランギレツリートップス。室内はナチュラルながらセンス良くて眺めもいいので最高です。

ザンジバル島ー歴史と文化に彩られた美しいリゾート島

北部ヌングイビーチのリゾート「ハイダウェイ・ヌングイビーチ」の美しいビーチ

タンザニアの沖合に浮かぶ、サンゴ礁に囲まれた美しいザンジバル島。近年リゾート客に人気があって、手軽にリゾートライフを過ごす観光客も増えてきました。きれいな白砂ビーチとサンゴ礁に集まる熱帯魚といったリゾートとしての魅力もさることながら、ザンジバルの魅力はその奴隷貿易や香辛料、象牙貿易で栄えた歴史や文化の存在が大きいのです。

ザンジバルのカラフルなお土産。いっぱいあって迷います。

ケニアやタンザニアでサファリを楽しみ、帰りにザンジバルでリゾートライフ+観光、と言ったプランが一押しですが、ザンジバルだけを目的地としても十分楽しめるほど見どころは多いのです。ストーンタウンの観光をしたら、島で最高のビーチを求めて北東部のリゾートエリアや、最北部のヌングイビーチエリアがお薦め。素敵なリゾートホテルが並んでいます。中でも北東部の沖合に浮かぶ「メネンバビーチリゾート」は私がこよなく愛するホテル。小さな島全体が一つのリゾートで、ナチュラルながら行き届いたサービスの良さが満載の究極の隠れ家ホテルと言えるでしょう。

 

ペンギン案内人2号/井原 三津子

タイトルとURLをコピーしました