アフリカ旅行おすすめ観光地ベスト10はココ

サファリで一度は見てみたいヒョウ。通常は木の上にいることが多い

 

アフリカのサファリにはまってウン十年。ケニア、タンザニア、南アフリカに始まって、ボツワナのオカバンゴ・デルタで究極のサファリも体験。果てはウガンダ、ルワンダのゴリラトレッキングにも心底魅せられ、イケメンゴリラにひと目惚れ?!喜望峰やビクトリア滝、ナミブ砂漠など大自然に度肝を抜かれ。原始キリスト教の世界が広がるエチオピアやヒンバ族のいるナミビアもユニークなことこの上なし。アフリカは本当に奥深く、私たち旅人を魅了し続けます。大好きなアフリカから厳選した10の旅先をここでご紹介します。

マサイマラ動物保護区(マサイマラ国立保護区) ケニア

丘の上で獲物を探すチーターのファミリー発見!

映画「ライオンキング」や「ジャングルブック」など、野生動物の世界に憧れる人がまず最初に目指してほしいのがここ。キリンやシマウマ、インパラといった草食動物はもちろん、ライオンやチーターなど、サファリで出会ってみたい肉食獣、ビッグ5と呼ばれる大物を見ることができる確率が最も高く、動物の種類と数がとっても多い指折りのエリアなのです。長年に渡ってアフリカへ通い詰めたサファリ大好きな私にとっても、サファリ旅の最初のサファリがマサイマラでした。

象のファミリーもまたマラ川を渡ります

その第1回目のサファリではシマウマやイボイノシシに感動していた私。ところが2回目のサファリで雌ライオンを発見!鳥肌ものの体験が私を貪欲女子に変身させ、ヒョウ、次はチーターと大物を求めてサファリ道まっしぐら、すべて満たしてくれたのもここマサイマラだったのです。

 

ンゴロンゴロ動物保護区(ンゴロンゴロ自然保護区) タンザニア

木の実をとりたくて!クレーターで見つけた象のユニークなシーン

東西19㎞、南北16㎞、深さ600mという巨大な火山のクレーター。野生動物の存在するカルデラ(火口原)は世界でも珍しい存在として、世界自然遺産に指定されています。カルデラにはサバンナや森林、湖や沼まであって動植物や野鳥の宝庫です。ライオン、チーター、ハイエナ、カバ、ゾウ、ヌーなど大型の野生動物が約2万頭いるとされ(キリンはいませんが)、ワイルドに駆け巡るサファリは超おすすめ。一度私はライオンのファミリーがバッファローをハンティングした後、お腹いっぱい・・というシーンも目撃。

クレーターのエッジに建つホテルの部屋からはこんなに素晴らしい眺めも

私は滞在するロッジは火口縁(エッジ)に建つところと決めています。朝もやが立ち込める風景、スコールの後生き生きと輝く緑の風景。クレーターを見渡せるロッジなら、そこで繰り広げられるシーンを余すことなく堪能できるのです。

バオバブの並木道・モロンダバ  マダガスカル

夕暮れ時からその風景はどんどん美しさを増していきます

動物や自然が独自の生態系をもつ国として注目されている島国マダガスカル。横っ飛びの愛嬌たっぷりのお猿さんベローシファカやさまざまなキツネザルたちにはすっかり魅了された私。でもマダガスカルに行くなら絶対に外せないと確信したのがバオバブの並木道で有名なモロンダバです。

ベローシファカは地面をぴょんぴょん横っ飛びして木から木へ渡ります

「星の王子様」の舞台として有名なバオバブは、他の国で見たことがあった荒々しい幹を持つバオバブとはまるっきり違って、幹がすべすべで大きく美しく、枝ぶりも天に向かって手を伸ばしているような絵にかいたような美しさなのです。バオバブがずらりと並んでいる姿は不思議な物語の世界。そして日が沈んだ夕景でシルエットが浮かび上がるのは、それもまた影絵芝居のように幻想的。思い出にバナナリーフで編んだカラフルなバオバブの置物をたくさん買って帰った私です。

タイトルとURLをコピーしました