知らないと損をする!初めてアフリカでサファリに行くときの注意事項 その2

ヌーの大群(マサイマラ/ケニア)

初めてアフリカでサファリに行くときの注意事項。今回は基本的な条項について話をしたいと思います。治安、病気、気候、お金、チップなど。他の国々へ旅行する場合とかなり違う点があります。こちらもよく読んでください。その1の項目でも話しましたが、旅行会社選びが大切です。こうした基本項目をベースに、それぞれの項目で追加の情報も必要になるかと思います。信頼の高い旅行会社ですと、そうした情報も提供してるはずです。

①安全は何よりも大切。お金で安全を買いましょう

仔ライオン(マサイマラ/ケニア)

世界の国々で治安があまり良くないといわれる町や国があります。ヨーロッパだと、イタリア、スペイン。他にもインドとかエジプトとか。しかし、私に言わせばアフリカの大都市に比べたらそれらの国は極めて安全です。世界の国々で町歩きで危険と思えるのは、アフリカや中南米の都会です。十分に注意してください。まず、ケニアのナイロビ、タンザニアのアルーシャのような都会では、基本的に歩いて外出しないでください。ましてや夜の一人歩きなど厳禁です。どうしても外出したい場合は現地のドライバーガイドさんと一緒に車で出かけてください。中でもローカルマーケットやバスターミナルは犯罪の温床です。

トピ(マサイマラ/ケニア)

買い物をしたいのなら、セキュリティのしっかりしたショッピングモールやスーパーマーケットへ出かけてください。
夕食を食べたいのなら宿泊しているホテルで取るようにしてください。ドライバーガイドさんと別れたあと、どうしても外のレスレストランで食事したい場合は、タクシーを呼んでレストランに行き、帰りはそのレストランでタクシーを呼んでもらう方法がありますが、夜間のタクシーは必ずしもおすすめはできません。
アフリカに冒険に出かけているわけではないはずです。安全は何よりも大切です。安全に十分注意しても事件に巻き込まれる可能性がないとは言い切れません。リスクを軽減する行動を心がけてください。

②感染症の対策は十分考えたいものです

ペリカンの群れ(ナイバシャ湖/ケニア)

ケニア、タンザニアともに、予防注射は必須ではありません。しかし、ケニア、タンザニア2国を周遊する場合はタンザニア側が黄熱病の予防注射イエローカードを要求します。また、ケニアの後に、エジプト、モルディブ、インド、ドバイなどの国々を周遊する場合は、それらの国は黄熱病の予防注射を要求しますので、事前に予防接種を済ませ、イエローカードを取得してください。
ケニアやタンザニアではマラリアがあるので蚊を防ぐ対策が重要です。マラリアは東アフリカで最も注意すべき病気です。とりわけ海岸部などの低地エリアに行く場合は一層の注意を払ってください。どちらにしろ蚊取り線香や虫よけスプレーは必需品です。蚊に刺されないようにしてください。特にマラリア蚊は夕方から翌朝にかけて活動すると言われています。夕方以降は短パン、半袖シャツを避け、長袖、長ズボンの服装を心がけてください。

珍しい赤バナナが名産のトム・ワ・ンプ村にて(タンザニア)

また夜は蚊取り線香を部屋でつけるようにしてください。
マラリア予防薬は現地でも調達できますが、日本から持って行くのもいいでしょう。ただ1週間程度の旅でマラリア予防薬が必要かどうかは判断が難しく医師と相談してください。
その他の予防注射も同様で長期滞在なら必須のものもありますが、短期の旅行では注射のリスクを考えると、これも判断が難しくこちらの方も医師と相談してください。
蚊だけでなく、一部のハエにも注意してください。ツェツェバエがセレンゲティなどの低地に生息しています。何度も刺されると眠り病にかかります。ツェツェバエは昼間しか刺しません。サファリカーにも入ってきて刺したりするので油断しないようにしてください。ツェツェバエに刺されないためにもサファリカーの中で居眠りするのは避けた方がいいようです。
なお新型コロナウィルスについては、状況が刻々と変化しますので、最新の情報は旅行会社などでお尋ねください。

③動物に襲われないように注意が必要?

かわいいハイラックス。でも近づくのは避けてください。(マサイマラ/ケニア)

アフリカへ旅行に行ったというと、ライオンに襲われなくて良かったですねなどと真顔でいう人がいます。そもそもライオンは絶滅危惧種です。サファリで何とか見つけることができるという存在です。旅行者がライオンに襲われるというのは宝くじで1億円当てるよりも難しいです。そもそも国立公園や保護区は決められた場所以外でサファリカーから降りて歩くことは禁止されています。
マサイマラはサファリの大観光地の1つですが、お土産店やレストランもないです。サバンナの草原が広がっているだけです。つまり、ロッジの外に出ても歩いて行ける場所もないし、歩くことも禁止されているのです。

カバの大群(カタヴィ国立公園/タンザニア)

しかし、動物に注意するということはある意味では当たっています。注意する動物はカバです。カバは人間の住んでいる場所にも生息しています。おとなしい性格のようですが、自分の縄張りに侵入すると攻撃的になります。何と3トンの体重を持ちながら、時速30kmで走れるのです。アフリカで人間が犠牲になる動物のトップはカバなのです。ケニアのナイバシャ湖畔でカバに襲われた観光客もいました。十分気をつけてください。
アフリカでは狂犬病があるので、犬に咬まれないようにしてください。犬に近づかないことが必要です。また、マングーズやハイラックスがかわいいといって近づき、咬まれて狂犬病に感染した例もあります。くれぐれも用心してください。

タイトルとURLをコピーしました