秘境の国 エチオピアで絶対行くべきスポット ベスト10

ダナキル砂漠のダロール火山 この一帯は硫黄に染まっている

旅行先としてはまだまだ日本人になじみのない国・エチオピア。アフリカの国へ初めて旅行するとなると衛生面や治安、食事など慣れない環境を不安に思うかもしれません。しかしエチオピアにはあらゆるネガティブな要素を吹き飛ばすほどの驚きと感動が待っています。アフリカ大陸の国々がヨーロッパの列強諸国に支配される中、唯一独立国を維持したのがこのエチオピアなのです。それ故エチオピアにはローカルな宗教や民族、歴史、食文化が残り、その奥深さに誰しもが引き込まれるはずです。

ラリベラの岩窟教会

聖オルギス教会

12世紀ザクウェ朝の王ラリベラが自身の故郷を第2のエルサレムにするべく建設を開始した都市がラリベラです。ラリベラの12~13世紀にかけて建造されたとされる11の聖堂と関連する礼拝堂は世界遺産に指定されています(「ラリベラの岩窟教会群」)。そして興味深いことに教会堂群の建物や通りはエルサレムとゆかりの深い名が付けられています。遺跡の間を流れる水路はヨルダン川、ベツレヘムと名付けられた岩屋、そしてゴルゴタと名付けられた教会で眠っているのはラリベラ王自身です。

聖十字架教会の司祭

中でも目を引くのは巨大な一枚岩を十字架の形に掘り抜かれた聖ギオルギス教会。教会自体がノアの箱舟のモチーフとなっており、そばにはアララト山を模した岩まであります。内部には精緻な彫刻で装飾されており見る者を圧倒します。エチオピア最大の見所といっても過言ではありません。

ゴンダール

世界遺産のゴンダール城

1636年から約2世紀にわたってエチオピアの首都であったゴンダール。ソロモン朝時代に建設された3つの王宮群が現存し、その中でも最大級の王宮群「ファジル・ゲヒ」には堅牢な6つの宮殿と12ヵ所の城門が残っています。これらは1979年、世界遺産に認定されました(世界遺産は1978年から始まりましたのでわずか2年目での登録になります)。

ダブラ・ブラハン・セラシエ教会の天使

ゴンダールの石造建設物はイスラーム建築、インド建築、バロック建築などの影響を受けた独特の様式であり、これらはゴンダール様式と呼ばれています。特に城塞は中世ヨーロッパを思わせるような重厚感で大変見応えがあります。そしてゴンダールで44ある聖堂の内、最も有名なのが「ダブラ・ブラハン・セラシエ教会」です。17世紀に建立され幾多の争いをくぐりぬけた教会で、天井に描かれたエチオピア正教の最高傑作と評される宗教画は「エチオピアのモナリザ」と称えられています。

タナ湖の青ナイルの滝と修道院

青ナイルの大瀑布

エチオピア最大の淡水湖・タナ湖の南の湖岸に開けた町・バハルダール。バハルダールのメインの観光は2つ。まずはブルーナイルの滝。ブルーナイルはアフリカ最大の川であるナイル川の源流の一つです。約45mの高さから叩きつけるように落ちる巨大な滝は大迫力。乾季はダムの放水が行われる日曜日を狙うのがおすすめです。

ウラ・ギダネ・マハレット修道院

タナ湖のもう一つのハイライトは、クルーズ船での修道院巡りです。タナ湖には37の島があり、計29もの教会や修道院が建立されています。中でも14世紀頃に建てられた「ウラ・キダネ・ミフレット教会」と「メハル・ゼゲ・ギオルギス教会」のフレスコ画は必見です。エチオピア独特の画法で描かれたカラフルな宗教画は、同じ題材であってもヨーロッパの宗教画とは全く雰囲気が異なるのも非常に興味深い点です。

タイトルとURLをコピーしました