ザンジバル島 インド洋に浮かぶタンザニアの島

ザンジバル北端ヌングイのビーチ
ストーンタウンで売られていたアフリカンアート

ストーンタウンで売られていたアフリカンアート

世界の国でバースデーを迎えるのって素敵ですね。私もかつてインドネシアのジョクジャカルタのアマンリゾートのホテルで、土砂降りの中ホテルのスタッフが部屋までバースデーケーキを運んできて、歌まで歌ってくれたことが思い出深いです。それは家族のバースデーでも同様です。何年か前、タンザニアの沖合の島ザンジバル島の最北端にあるリゾートホテルで、パートナーのバースデーをお祝いをしてもらったことがあります。白砂ビーチとエメラルドグリーンの海が限りなく美しいヌングイビーチ。ホテルでのディナータイムのデザートの時間となり、スタッフがろうそくを付けたバースデーケーキを持って登場。たくさんのゲストも声を揃えてハッピーバースデーと叫んでくれました。マサイ族の歌と踊りを真似てナイフとフォークで金属のお皿を叩きながら「ジャンボ!♪ジャンボ♪ハクーナマタータ♪」というスワヒリ語のバースデーソングを歌い踊りながらたくさんのスタッフが行進してきます。シンガーの女性が先頭で、我々と共に徐々にゲストが繋がっていき、ステージで長い輪になって踊ったのは本当に楽しいひと時でした。ザンジバルはそんな忘れられない思い出の場所でもあります。

ザンジバル島の魅力は?

オーシャンパラダイスホテル

オーシャンパラダイスホテル

そもそもザンジバル島とはどんな島なのでしょうか?今でこそ世界の島々やリゾートに興味がある旅人の間で人気が出てきたザンジバル。その魅力はまさに美しいサンゴ礁の海とエキゾチックな街並みにあります。
タンザニアの沖合に浮かぶ島で、かつては奴隷貿易や香辛料、象牙貿易の中心地として栄えた場所です。サンゴ礁の美しい海とビーチを持ち、リゾート地としてもヨーロッパをはじめ世界の観光客に人気なのです。
タンザニアの国民はほとんどがキリスト教です。でも沖合の島であるザンジバル島はイスラム教なのです。ヤシの木に彩られた白砂ビーチに平行した道を走っていると、イスラム教徒の島らしく、白い帽子を被った島民や無邪気な子供たちが笑顔で手を振ってくれ、長閑な漁村の風景が広がっています。

こんなお猿さんにも出会えます

こんなお猿さんにも出会えます

美しいビーチを望むなら、なんといっても北部のヌングイビーチと北東部のビーチリゾートでしょう。絶景をバックに設備のいいリゾートホテルが点在しています。日本人にはまず出会うこともない、欧米人のゲストに交じって、のんびりしたバカンスを過ごすのがおすすめです。
また世界遺産のストーンタウンはこの島ではずせない見どころです。古い建物の間に細い路地が延びる、まさに迷路のような街並み。アラブの要塞や古い宮殿、奴隷市場の跡など、エキゾチックな世界が目の前に広がります。スパイスの効いたシーフード料理を味わい、エスニックなグッズをお土産に探す楽しみもあって、いろんな体験をしたければ1週間くらいは滞在しないと足りません。

エキゾチックなストーンタウンの見どころ

ストーンタウンの町並

ストーンタウンの町並

奴隷市場の跡が今に残る歴史あるストーンタウンの町並は、島の西部に突き出すような半島に位置しています。古くからのアラブのムードを残した家々が内部だけモダンなヨーロピアンムード漂うブティックやカフェ、レストラン、土産物店などに改装され、海に面した魅力的なエキゾチックタウンとなっています。世界遺産に指定されるほど見どころは多く、いつも観光客が訪れるスポットなのです。

テンボハウスはザンジバル風建築のホテル

テンボハウスはザンジバル風建築のホテル

1873年まで続いた奴隷制度の名残で、この地に残っていた奴隷市場の跡は、今ではなんと美しい大聖堂が建てられています。かつて奴隷を収容していた地下室は今でも大聖堂内に残されています。
かつてはスルタンの宮殿だった建物は現在はパレス博物館に、「驚嘆の家」と呼ばれるかつての宮殿も博物館として観光名所になっています。
マーケットでは野菜や魚、肉などと共に多くの香辛料が売られています。ザンジバル独特のきれいな染布カンガやアフリカンアートの絵画、彫刻やアクセサリ-など豊富なラインナップで、帰国後のお部屋のインテリアにアフリカ雑貨が活躍したのでした。

ヌングイビーチは洗練されたリゾートエリア

ヌングイビーチのホテルにはこんなプールも

ヌングイビーチのホテルにはこんなプールも

冒頭でバースデーパーティーをして盛り上げてくれたリゾートは、美しいヌングイビーチにあります。ビーチの美しさは島でナンバー1と言えるほどで、サラサラ、しっとりした白砂が魅力。最北端に位置するので、南部にある空港からは車で1時間以上走ります。道中素朴な漁村などを越えて走るので、まさに秘境気分。なのでヌングイエリアはハイダウェーリゾートかと思いきや、実はこのエリアのホテルはどれもが、ハイダウェーと言う名前からイメージするナチュラルさとは対極の洗練されたリゾートホテルだったのです。こぢんまりしているホテルは少なく、部屋数も多いしゲストの数も多い大きいホテルが多いのです。スモールラグジュアリーが好みの私には多少大きすぎる感がありましたが、これはこれで設備が整っていて楽しめたのです。

出発前夜、さよならケーキまで用意してくれた

出発前夜、さよならケーキまで用意してくれた

ゲストが多いのでプールもすごく大きいし、レストランもいろいろ揃っています。スパの設備もしっかりしていてメニューも豊富です。私の滞在したホテルでは、チェックイン時にブルーのブレスレットを手首に巻いてくれました。オールインクルーシブプランのゲストであることの目印です。これを見せれば、プランに含まれるレストランでの食事も飲み物もはすべてインクルードです。
ディナーバッフェはガラディナーのようにスマートカジュアルで少しお洒落して、生演奏のバンドが入ったりする夜もあって、バースデーはちょうどその日に当たったので、本格的でとっても思い出に残る夜となったのです。

タイトルとURLをコピーしました