動物がいっぱい!そんなケニアでお薦めのサファリスポットベスト7とは?

 width=

大自然の中で躍動的な姿を見せてくれる野生動物たち。その姿を観察できるアフリカのサファリは非日常の世界で私たちを癒してくれます。アフリカにサファリのできる国はいろいろあれど、その代表格のひとつは動物天国と呼ばれるケニアです。長年にわたりケニアのサファリスポットをあちこち巡り巡った私がお薦めのスポットベスト7をご紹介します。サファリと言ってもサファリドライブからウォーキングサファリ、ボートサファリにアニマルウォッチングなど、バラエティに富んだサファリが満喫できるケニア。その魅力は計り知れないのです。

動物天国マサイマラ動物保護区(マサイマラ国立保護区)

 width=

初めてのサファリ旅行を計画している人に、まず最初に行くことを薦めたいのがここ。動物の種類も量もケニアで一番。ライオンをはじめ肉食獣に出会える確率が高いのです。生まれて初めてのサファリドライブで、私はまずシマウマのファミリーを発見して大興奮。次にキリン、象の親子と、どんどん動物リストが増えていきました。早朝と夕刻の涼しい動物の多い時間帯に、1日に2回のサファリをします。

 width=

1日目の夕刻のサファリでついに念願のライオンを見ることができた私は、2日目からは見たい動物リストが増えていきます。次はチーター、次はヒョウと大物狙いに。それが満たされることが多いのもマサイマラならでは。
ケニアにはロッジスタイルやテント式ロッジがあって、グレードもいろいろ。ジャグジーバスまで付いていてフレンチやイタリアンも出るような豪華なサファリロッジは、滞在時間の長いサファリライフだから個人的に大好きです。

キリマンジャロの麓でサファリならアンボセリ国立公園

 width=

アフリカと言えばキリマンジャロ。山に憧れて登山やトレッキングを目指すならタンザニアからアクセスしますが、キリマンジャロを背景にしたサファリをしてみたいならケニア側のキリマンジャロ国立公園がお薦めです。一面に広がるサバンナの向こうにはキリマンジャロの壮麗な山並みが一望のもと。山の麓には象の群れがいて、大パノラマの写真が撮れるのです。ただし、山を見るのが目的なら季節を選ぶ必要があります。私は雨季に入る3月に行ったときは、山の下半分が雲に覆われ、9月にリベンジしてやっと山の全景を拝むことに成功。

 width=

滞在ロッジは、敷地内から山が見えるところと見えないところがあるので、山にこだわる人はこれにもこだわりましょう。ロッジに居ながらにして目の前にキリマンジャロが聳えているといった理想的なロッジを選べば、食事タイムも幸せ気分に。高級ロッジが好きなら、テントロッジの「トルティリスキャンプ」が一押しです。

希少動物を見るならサンブール動物保護区(サンブール国立保護区)

 width=

キリンには3種類あるのをご存知でしょうか?マサイマラ動物保護区にいるマサイキリン、もともとウガンダにいてケニアはナクル湖国立公園にもいる、絶滅の危機に瀕しているロスチャイルドキリン、そしてここサンブールなど北半球にいる網の目状の柄がくっきりと美しいアミメキリン。またサンブールにしかいないグレービーシマウマも、白黒の縞模様がはっきりしていて、ミッキーマウスのように丸い耳を持つ特徴的なキリンです。サンブールの魅力はこうした希少動物の存在と言えます。

 width=

マサイマラ動物保護区に匹敵する動物の濃さを求め、次に目指すならサンブールとも言えます。通常の動物も多い中で、ユニークな動物を見つける体験は楽しいものでした。インパラのようなアンテロープ(レイヨウ)のゲレヌクも珍しい存在。初めてこれを見た時は、折れそうに細い2本足で立ってムシャムシャ葉っぱをかじっている姿が愛らしかったです。

タイトルとURLをコピーしました