リアルアフリカ!ザンビアベストサファリ

ライオン
こんな環境で食べると朝食も美味しい

こんな環境で食べると朝食も美味しい

アフリカ南部、ジンバブエやタンザニアなど8つもの国々と国境を接する内陸国ザンビア。日本の2倍の広さの国土に約1,000万人ほどの国民が住んでいます。ザンビアというとちょっと旅好きでアフリカ好きなあなたなら、ビクトリア滝観光の際に、ジンバブエから国境を越えてザンビア側の滝の観光に行ったことがあるかもしれません。でもザンビアの魅力はそれだけではないのです。むしろこの国の魅力に触れたければ、サファリに行くことが必要です。代表的なスポットとしてはサウスルアングア国立公園、そしてローワーザンベジ国立公園でしょう。サファリにやって来るゲストの数がまだまだ少ないせいで、手つかずの豊かな自然の中で動物たちが生き生きとした姿を見せてくれます。サファリ好きならケニアやタンザニアの次に目指してほしい国なのです。秘境とは思えないほど、予想外に快適で行き届いたサファリライフが待っていてくれるのです。

ザンビア、ここはリアルアフリカ

ヒョウもここではかなりの確率で見られる

ヒョウもここではかなりの確率で見られる

リアルアフリカ The Real Africaと呼ばれるザンビア。日本人には馴染みが薄いザンビアという国。ここにあるサファリスポットは、ナチュラルなサファリの穴場としてヨーロッパでは有名な歴史の古いサウスルアングア国立公園。そしてローワーザンベジ国立公園です。カバの生息数が世界最大という自然美に溢れた環境の中で、洗練されたサービスを受けて上質なサファリライフが過ごせる、まさにハイダウェーサファリのメッカ。
通常の早朝と夕方のゲームドライブ(サファリドライブ)のほかにも、ナイトサファリや、ボートサファリ、ウォーキングサファリ(ブッシュウォーク)などいろんなタイプのサファリが楽しめることでも楽しい国立公園なのです。

ノーマン・カーの優秀なサファリガイドさんと

ノーマン・カーの優秀なサファリガイドさんと

野生動物保護のパイオニア、ノーマン・カー氏が創設し、初めてウォーキングサファリを始めたというロッジがサウスルアングア国立公園にあります。川に面し、たくさんの動物に出会える豪華ロッジは、自然素材の行き届いたインテリア、温かいスタッフのもてなし、そしてオールインクルーシブの美味なる食事など、サファリ好きなら一度は訪れてみたいロッジなのです。

サウスルアングア国立公園のサファリ

自然豊かなサバンナでシマウマも幸せそう

自然豊かなサバンナでシマウマも幸せそう

ケニアのマサイマラ動物保護区や南アのクルーガー国立公園などは、サファリ好きの日本人にとってはメジャーになっていますが、このサウスルアングア国立公園はまだまだ知られていない、ディープなアフリカのサファリスポットと言えるでしょう。ザンビア東部に位置し、この国で一押しのサファリスポットのひとつなのです。
日本人の旅行者に会うこともまずあり得ないので、旅に非日常を求める人にも最適です。
1937年に開設された歴史ある国立公園だけあって、サファリロッジの施設も充実、自然に溢れた環境の中、ナチュラルで居心地のいいロッジに滞在し、洗練されたサービスを受け、上質のサファリを楽しめるのです。世界最大級のカバの生息地でもあり、動物、鳥、昆虫の宝庫と言われています。

ワイルドドッグ(日本名リカオン)は希少動物

ワイルドドッグ(日本名リカオン)は希少動物

サウスルアングア国立公園ではキリン、シマウマ、ヌー、バッファロー、カバ、ゾウをはじめライオンや肉食獣に出会える確率も高いです。ケニアなどの他の国のサファリとどこが違うのでしょうか?
ひとつめは、観光客の数が少なく、他の国のように1頭のライオンに何台ものサファリカーが取り囲むということは少なく、大自然たっぷりの本来のアフリカを感じ取ることができること。2つ目は、日中のサファリだけでなく、ナイトサファリも楽しめること。(アフリカの国立公園でナイトサファリができる所は少ないです) そして3つ目はウォーキングサファリ発祥の地なのでウォーキングサファリも可能ということ。熟練のレンジャーガイドさんがライフル銃などを装備して、安全なエリアのブッシュを歩いて動物を探します。これもなかなかできない貴重な体験となるのです。

ウォーキングサファリのパイオニア・ノーマンカー・サファリ

ムチェンジャ・キャンプのテントロッジ

ムチェンジャ・キャンプのテントロッジ

野生動物保護のパイオニアとして知られるノーマン・カー・サファリズ。今ではアフリカのいろんなサファリロッジでやっている「ウォーキング・サファリ」は、実はこの会社の創始者であるノーマン・カー氏が最初に始めたと言われています。地域の医療や教育、緑化などの環境問題にも関わり、それを支援するというコンセプトを持っている会社なのです。
60年以上の歴史を持つサウスルアングア国立公園内の川沿いに、ムチェンジャキャンプをはじめ、ノーマン・カー・サファリズ経営の4つのキャンプがあります。どれもがナチュラル感漂う、しかしながら設備が整い快適で高級なロッジとして高い評価を受けています。3食とアフタヌーンティー、1日2回のサファリドライブなどが込みのオールインクルーシブとなっています。
ノーマン・カーのサファリロッジでも一押しのステキなサファリロッジがムチェンジャ・キャンプです。部屋数わずか5部屋と小さいですが、豪華なテントロッジです。年中水が涸れない川に面し、静かな環境が居心地抜群。カバの生息数が世界最大級だけあり、部屋にいながら川にいるカバの声が聞こえてくるのです。インテリアのセンスも良く上質なロッジに仕上がっていて、ナチュラルなオープンスペースのバスルームもムード満点です。

キャンプの屋外バスルームはこんな風に超ナチュラル

キャンプの屋外バスルームはこんな風に超ナチュラル

サウスルアングア国立公園のサファリロッジ滞在中のスケジュールはこんな風でした。ロッジによって多少は異なるものの、似たようなところが多いようです。

早朝05:30モーニングノックで起床
06:00 サファリに出かけます。日の出の頃車を止めてモーニングティータイム。10時くらいまでたくさんの動物に出会います。ロッジに戻ってブランチです。ある日のメニューは紫玉ねぎのピザ、ジャーマン風ポテトサラダ、新鮮なグリーンサラダ、トマトとアボカドのサラダ、豚肉とパプリカの中華風炒め、フレッシュなフルーツサラダ。どれもが洗練された味で大満足のものでした。
15:00 アフタヌーンティー(イギリス人マネージャーなので、英国風の習慣です)ケーキとかアイスティーなど。とりわけ乾燥してのどが渇いていたときの爽やかなアイスティーの美味しさは忘れられません。
15:30~19:30 午後のサファリ 夕日の頃サンダウナー(サファリカーを降りて休憩、夕日を鑑賞しながらワインやビールとおつまみを頂く) ナイトサファリ 20:00頃 ロッジに戻ってディナー
かなり充実のスケジュールだったのです。

タイトルとURLをコピーしました