【こんな国あります!!世界の秘境】不思議の国・マダガスカル!ここにしかないものが沢山!

キリンディ森林保護区のウォーキングサファリで発見!ベローシファカ

キリンディ森林保護区のウォーキングサファリで発見!ベローシファカ

マダガスカル共和国はアフリカ大陸の南東沖、大陸から400km離れた島国で、島国としては世界で4番目の大きさ(日本の面積の1.6倍)を誇ります。

ドリームワークスの3Dアニメーション映画のタイトルにもなっていますので、恐らく多くの人々がすでにマダガスカルという国の名前について聞いたことがあるかと思います。
そしてマダガスカルが『星の王子様』に登場するバオバブの木、カメレロンなどの爬虫類、キツネザルの霊長類などの固有種の宝庫であることをご存じの方も多いでしょう。特に爬虫類と両生類の固有種は95%にものぼります。
実はマダガスカルは400kmしか離れていないアフリカよりも距離的に遠いアジアやオーストラリアと共通する点が多く見られているなど未だに謎につつまれている部分も多いのです。

今回はそんな「不思議の国」マダガスカルの魅力についてご紹介いたします!

マダガスカルってどんな国?

バオバブの並木道にて  なんのポーズ(^^;)?

バオバブの並木道にて  なんのポーズ(^^;)?

実はマダガスカルは、世界で最も貧しい国の1つともされています。人口の約90%が1日2ドル未満での生活を強いられているとされています。

そんなマダガスカルの主な産業は天然資源に恵まれているため、宝飾用の原石などの鉱物やクローブ、バニラ、そして石油製品です。
またマダガスカルには世界最大級のチタン鉱山や巨大な重質油鉱床の開発プロジェクトが進められており、世界的にもマダガスカル経済の加速が期待されています。

モロンダバの漁村・ベタニア半島にて遊んでいた子供

モロンダバの漁村・ベタニア半島にて遊んでいた子供

マダガスカル政府は観光業にも力を入れており、マダガスカルの産業の大きな柱になっています。
環境保全や文化的価値などを観光客に伝えるエコツーリズムが盛んで、観光客からの収入はマダガスカルの国立公園や生物の多様性を守るための財源となっているのです。
しかし近年は政情不安により観光客が大きく減少することも少なくありません。
安全と安心があっての海外旅行ですので、まずはマダガスカルの人々の平穏な暮らしが続き、そして貴重な自然や動物たちが守られる環境になることを願ってやみません。

マダガスカルへの行き方

モロンダバ空港に着陸したマダガスカル航空

モロンダバ空港に着陸したマダガスカル航空

マダガスカルの知名度とは裏腹に、日本からのアクセスはかなり悪い部類に入ります。
最も一般的な方法はエミレーツ航空などでインド洋の国・モーリシャスまで移動し、さらにモーリシャス航空でマダガスカルへ移動する方法です。

又は毎日の運行ではありませんが、エチオピア航空でしたらアジスアベバの1回乗継ぎでマダガスカルに行くことが可能です。アンタナナリボの他にマダガスカルのリゾートアイランド・ノシベにも運行しているのがエチオピア航空の利点です。

あるいは乗継ぎが非常に悪いのですがフランス乗継ぎでマダガスカルへ行くことも可能です。パリにも立ち寄りたい方にはおすすめです。

蛍光色のマダガスカルヒルヤモリにうっとり・・・

蛍光色のマダガスカルヒルヤモリにうっとり・・・

ちなみにマダガスカルへの入国にはビザが必要です。
空港でも取得は可能ですが、非常に時間がかかりますので、極力事前にビザを準備しておくことをお勧めします。

私がマダガスカルに旅行した際は予め日本でビザを取得していたので、アンタナナリボ空港に到着してからトータル1時間程度で外に出ることができました。
空港でビザを取得する場合は、1時間以上空港で待たされることもあるそうです。特に送迎を依頼しているときは、空港の通過に時間がかかりすぎるとお客が乗っていないものと思い、送迎のスタッフが帰ってしまうこともないとは言えないので要注意です。

マダガスカルへのツアー

横っ飛びするベローシファカ

横っ飛びするベローシファカ

マダガスカルのツアーは団体ツアーがメインですが、個人ツアーを扱う旅行社も少なくはありません。
ただし個人で航空券を購入して現地でツアーやホテルを探すような行き当たりばったりなプランはマダガスカルでは大変危険です。

世界一小さいミニマヒメカメレオン アンバー山国立公園にて

世界一小さいミニマヒメカメレオン アンバー山国立公園にて

特に首都のアンタナナリボは治安が悪いため、外国人の一人歩きはあまり推奨される行為ではありません。警察官ですら海外旅行客と見るや「パスポートの入国スタンプに不備がある」と難癖をつけ、外国人からお金を巻き上げることをしているような輩もいます(はい、私がその被害者です)。あなたに時間がタップリあって多少危険なことがあってもそれを楽しめるようなハードな旅人でなければやめておいた方がいいでしょう。

またマダガスカルの国内線での遅延や欠航は日常茶判事です。航空会社に交渉やリスケジュールしてもらうためにも実績のある日本の旅行会社を通じて現地に予約されることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました