【こんな国あります!!世界の秘境】2つのコンゴ観光ガイド

ローランドゴリラの保護区(コンゴ共和国)

ローランドゴリラの保護区(コンゴ共和国)

中央アフリカはもっともディープなアフリカのイメージで、ちょっと近寄りがたい国々と思っていませんか?そんな未知なる国々の中でも、今回ご紹介するのが多くの魅力を持つ2つのコンゴです。熱帯雨林に囲まれた大自然の中にあり、動物の宝庫でもあります。かつてベルギー領だった日本の6倍以上あるコンゴ民主共和国(通称DRコンゴ)と、フランス領だった日本と同じくらいの大きさのコンゴ共和国(通称コンゴ・ブラザビル)。それぞれボノボ保護区とローランドゴリラ保護区があるのです。これらの愛らしい動物たちこそ、2つのコンゴの旅のキーワードなのです。

2つのコンゴってどんな国?

キンシャサの女性たち

キンシャサの女性たち

2つのコンゴとアンゴラ北部のエリアは15世紀頃まではコンゴ王国という一つの国だったのです。ポルトガルによる征服を経て、1960年にベルギー領からコンゴ民主共和国が、フランス領からコンゴ共和国が独立しました。独立後は両国とも内戦が多発して不安定な時期が続いたものの、現在は落ち着いています。コンゴ民主共和国はいったん1971年に国名がザイールに変わり、1997年にまた今の国名に戻りました。
コンゴ民主共和国の首都キンシャサと、コンゴ共和国の首都ブラザビルは、コンゴ川を境目にして、船で10分で渡れば行き来できるほど近い2つの首都として世界でも他に例を見ないユニークなロケーション。国境越えも近いので2か国を周遊することが比較的簡単にできるのです。

ボノボ孤児院の保育園

ボノボ孤児院の保育園

キンシャサの近郊にはボノボの保護区があって、人間に一番近いとされる類人猿ボノボに出会うことができます。世界でもここにしかいないボノボに会える体験は感動的です。またブラザビル近郊にはローランドゴリラ(低地ゴリラ)の保護区があり、ルワンダやウガンダで出会うマウンテンゴリラとは全く異なるゴリラに出会うことができます。2つのコンゴの旅のハイライトでありキーワードはこうした類人猿との出会いに他なりません。
他にも神秘的な青い湖の自然美を堪能したり、コンゴ川のクルーズやTAMTAMというドラム鑑賞も楽しみです。

コンゴ民主共和国の首都キンシャサ

ローランカビラ廟

ローランカビラ廟

国土の広いDRコンゴ(コンゴ民主共和国)は首都がキンシャサです。ベルギー領だったためフランス語はどこでも通じやすく、逆にホテルでも英語が通じにくい国です。まともなレストランの数は少ないもの比較的食事も美味しく、観光客の口に合うのも嬉しいところ。ホテルでの食事はフランス料理が多く、フランスパンが美味しいのも特徴的です。フランスパンは道端でも市場でも売っています。
市内観光で見逃せないのがローラン・カビラ廟。独裁政権のモブトゥ大統領没後新しいヒーローとして登場した人気のあったカビラ大統領の棺が納められている霊廟です。厳しい入場制限があるのも、この霊廟がコンゴ国民にとっていかに大切な存在なのかがわかるはずです。
他にもキンシャサの町にはレンガ造りの美しいサンタンヌ教会や油絵や民芸品がたくさん売っているアートマーケットなどが見どころとなっています。写真はガイドさんに相談して頼んでもらってからでないと、思わぬトラブルになるので注意が必要です。

キンシャサのアートマーケット

キンシャサのアートマーケット

人口8679万人のコンゴ民主共和国。首都キンシャサの人口は1457万人のメガシティとなっているのです。アフリカの大都会はどこも治安が良くないのですが、ここキンシャサはとりわけ注意が必要です。私がガイド付きの専用車で町中を走っていたときも、すぐ横でひったくりに財布を盗られた人を目撃。夜間の一人歩きなどもってのほかですが、昼間でもストリートチルドレンによるひったくりやスリなどが横行しているので、人の多いところをできればガイドさんと一緒に歩くのみにしておくのが無難です。警察もグルになっているケースもあるそうなので、トラブルが発生するとかなりややこしい国なのです。
また国境での出入国時にも賄賂を要求されたり、思わぬトラブルが待っているのがコンゴなのです。サービスのスピードものんびりなので、この国ではアフリカ流にのんびり構え、多少のトラブル位は楽しむ気持ちで旅することが必要です。

人間に最も近い類人猿のボノボ保護区

ボノボ保護区で親とはぐれた赤ちゃんを育てる飼育員

ボノボ保護区で親とはぐれた赤ちゃんを育てる飼育員

世界中でDRコンゴ(コンゴ民主共和国)にしか生息していないピグミーチンパンジーことボノボ。チンパンジーを小さく細めにして、顔がもっと黒いボノボは、人間にもっとも近い類人猿と言われています。キンシャサ郊外車で約1時間半のところにあるボノボの保護区「ロラ・ヤ・ボノボ」は、熱帯雨林に包まれた大自然の中、他の動物とは隔離された2kmにもわたるフェンスの中でボノボだけが暮らしています。ジャングルの遊歩道を延々と歩きながら、フェンス越しにたくさんのボノボと出会います。
私が行ったときはちょうど赤ちゃんボノボに哺乳瓶でミルクをやったり、トランポリンで遊んだり、人間の保育園と変わらないボノボの保育園が見学できました。世界でもここにしかいないボノボ。見る価値あり!なのです。

ボノボの子供をフェンス越しに観察

ボノボの子供をフェンス越しに観察

ちなみにルワンダと国境を接する国なので、コンゴ民主共和国の東部にはマウンテンゴリラが生息し、ルワンダのようにゴリラを探してトレッキングもできるのです。北東部には世界三大珍獣のひとつオカピの保護区もあります。オカピはキリン科ですが、足やお尻がシマウマのようでユニークです。しかしながら東部の状況としてはかなり治安も悪く、現在その辺りを訪れるのは避けた方が無難でしょう。将来平和が戻れば、ぜひオカピやマウンテンゴリラを求めて訪れてみたいものです。私はキンシャサのギャラリー「シフォニ・デ・アート」でオカピの木彫りを見つけて早速お土産に買いました。大きめのが26$、小さいのが15$で、今も家で並べて飾っています。

タイトルとURLをコピーしました