【こんな国あります!!世界の秘境】マラウィ観光ガイド 心温まる国

リウォンデ国立公園でボートサファリ

リウォンデ国立公園でボートサファリ

マラウィを一言で表現すると「あったかハートのディープなアフリカ」でしょう。人情ある素朴な人々との出会いが楽しい国。南部アフリカにあって、タンザニアとモザンビークとザンビアに囲まれた縦長の小国は海のない内陸国ですが、国土の4分の1を占めるマラウィ湖はまるで海!湖畔では野生動物や鳥たちがたくさん棲息しているので、サファリやバードウォッチングも楽しめます。未知なる国マラウィを旅した私、井原三津子がこの国の魅力をご紹介しましょう。

マラウィってどんな国?

踊りを見に集まって来たグイリゼ村の人々

踊りを見に集まって来たグイリゼ村の人々

マラウィは日本の3分の1ほどの国土に1862万人が暮らすのどかな国。1964年にイギリスから独立。言葉はチェワ語のほかに英語も通じやすい国です。国土の南北を細長く占めるマラウィ湖はアフリカで3番目に大きい湖で、固有の生物が多数生息していることから世界遺産にも指定されています。
湖畔のリウォンデ国立公園にはカバやワニ、バッファローをはじめたくさんの野生動物が棲息し、ボートサファリやサファリドライブが楽しめます。たくさんのユニークな鳥がいるバードウォッチングの天国としても知られています。

リウォンデ国立公園には象が多い

リウォンデ国立公園には象が多い

マラウィの素晴らしさは素朴な地元の人々とのふれあいにもあります。田舎道を車で走っていると、子供たちは皆手を振ってくれるし、日本人を珍しがってすぐに人だかりが出来たり・・・。人情に溢れた国民性は旅人を魅了し、思い出に残る旅となるのです。
中でも田舎の村でチェワ族の民族舞踊を見学した体験は一生の思い出です。詳細はこの後ご紹介します。

マラウィ湖でボートクルーズが楽しい

マンゴチのホテル・クラブマココラ

マンゴチのホテル・クラブマココラ

マラウィを旅するなら見逃せない、世界遺産にも指定されているマラウィ湖。アフリカで3番目に大きな湖といわれていますが、水の美しさと透明度の高さには驚かされました。豊かな緑に包まれ、ヤシの木が立ち並ぶ白砂ビーチもある湖畔のリゾートホテルに滞在していると、ここは海かと錯覚してしまうほど。私が滞在したロッジは「クラブ・マココラ」。首都リロングウェから南へ車で4時間余り走ったマラウィ湖の南に位置するマンゴチです。道中はバオバブの木もたくさんあります。広いホテルの敷地内には可愛いリスやバブーンの姿も見えて楽しさいっぱいです。
一番立派な幹を持つバオバブの木と並んで私たちのシャレーがありました。ゆったり広い室内はバスルームも大きくて、何よりすぐ前にビーチリゾートのような浜辺があり、プールもあるので高級感もばっちり。欧米人ゲストが多いのでバッフェの食事もかなり美味しかったのが嬉しいところ。

いろいろ大活躍!ボートのお兄ちゃん

いろいろ大活躍!ボートのお兄ちゃん

湖では朝から2時間ほどスピードボートをチャーターしてクルーズを楽しみました。フレンドリーなボートのお兄さんと一緒にビュンビュン走る爽快なツアーです。カラフルな鳥をたくさん観察できるし、魚の切り身を投げてフィッシュイーグルに餌付けができるのです。ぴゅーッと口笛でお兄さんがフィッシュイーグルをおびき寄せます。木にとまっていたのが飛んできて水面の魚を見事キャッチ!!また食パンでブルーの魚を餌付けしたり、お兄さんが飛び込んで岸辺に泳いで行って岩場に濡らしたパンをこすり付けると、黄色くて可愛いハタオドリがいっぱい集まってきました。楽しいショーが盛りだくさんです。
途中で漁村に立ち寄って、地元の人々とのふれあいも楽しめて貴重な時間が過ごせたのです。

リウォンデ国立公園で超ナチュラルロッジ体験

陸地を歩くカバ

陸地を歩くカバ

マラウィを代表するサファリの本場リウォンデ国立公園は国の南東に位置し、マラウィ湖の湖畔にあります。ここにはケニアやタンザニアのように、ライオンやチーターといった猛獣系の動物はさすがに少ないものの、湖畔だけあって象やカバ、バッファローなどの水辺を好む動物やカラフルで美しい鳥、ユニークな大きい鳥などバードウォッチングのパラダイスでもあるのです。またサファリドライブ、ボートサファリ、ウォーキングサファリといった、いろいろなタイプのサファリが楽しめるのも魅力です。
私が滞在した国立公園のロッジは、アフリカ各地で高級サファリロッジを展開しているワイルダネスロッジWILDERNESS LODGE のチェーンで、設備が整ったテントロッジの「ムブーロッジMVUU LIDGE」。川沿いに立ち、象やかば、ワニもいっぱい。ホテルの敷地内に「カバにご注意を!」の看板が立っているのもナチュラル&ワイルド!!他にもベルベットモンキーやリス、インパラ、イボイノシシも敷地に遊びに来ました。

ナチュラルで心地いいムブーロッジ

ナチュラルで心地いいムブーロッジ

高級とはいえ、大自然そのままの超ナチュラルロッジなのです。バンガローテントの洗面台にカエルの置物が3つあって可愛いなあと話していると、突然1つが飛び跳ねたのです!!なんと本物のカエルがピョコピョコ3ピョコピョコ・・・。これで驚いてはいけません。2つ向こうのテントのそばに夜、象がやって来てガサゴソ、バリバリ、バッシャーンと何やら作業していて?!すごい音が夜中に響き渡っていたのです。テントは襲いませんのでご心配なく。
早朝のゲームドライブでは、ロッジが政府から借りているコンセッションの土地を走るため、他のロッジのサファリカーは入って来なくてサバンナを独占気分なのです。象のほかにもインパラやクドゥ、ウォ-ターバックにバブーンなどが現れ、カバが陸地を歩いている姿も珍しいものでした。

タイトルとURLをコピーしました